So-net無料ブログ作成

住めば都へ   [旅]





昨日はつかれた。
市川の不動産屋さんで、マンション購入の仮契約でした。
2時間近い作業は、契約内容を聞き、住所氏名を書きまくり、押印の嵐。


強制的なランチタイムとなり、弛緩する夫婦。
点と点が終了し、次の点は23日の本契約。
その時には引っ越し荷物も移動して、どこかで休憩しているはず。





DSC09532.JPG

強制ランチ終了後、私は初めて住み家を見るのでした。
妻は先月末に部屋の最終確認をしに来ていました。
和室から見る、妻お気に入りのバルコニー。

マンションだからあれこれ規約はあるけれど、たこ焼きは出来そうです。
問い合わせるとオーケーで、「たこパ」可能です。
ベランダで寛ぐのが妻の老後の楽しみのようです。




DSC09534.JPG

私が居候させてもらう部屋。
名義は税上わたしの物ですが、実質は妻の持ち物であるべきと考えます。
だから、妻が気に入った場所に、気に入った部屋を見つけてもらいました。

妻の実家に行くと、必ず買い込むおでんの店も近い。
長女がお気に入りのコーヒー豆を買う店はもっと近い。
温泉はないけれど、銭湯が近いので、老人つき合いもするかな。

全身全霊の疲労だから、良いことだけを考える。
わくわくするために、たこパ、珈琲、銭湯、散歩を考えるぞ。
まあ、住めば都が始まるんだろうけれど。




ファイト!






ファイト!(143)  コメント(10) 

空白の時間に過去へ遊びに行く   [旅]




昨日、予定していた作業がなくなってしまった。
2ヶ月以上ずっと、張り詰めた意識は、精神的に余裕を欠如させている。
家を売り、家を買い、引っ越し準備をする気疲れは甚大である。

人と関わるのがきつく、ぼんやりしていたい。
頭の中は段取りでいっぱいになっている。
何かを人に頼む余裕などなく、頼んで借りを作るゆとりは心にない。

金のためにマニュアル通りに動く「優しさ」など、大した価値はない。
優しげなだけの人からは距離を置き、余った時間で散歩をする。
人間の本当の温かい物が身近にないから、自然と戯れていた。




0 咲いた色.JPG

寒くないか半袖なんかで歩いて、と重装備のご老人に声をかけられた。
ホテル近くの海老川沿いの遊歩道でのこと。
北海道から来ましたというと、なるほどと納得してくれた。





1 海老川から臨む.JPG

この海老川沿いの、船橋中央卸売市場に隣接した場所。
ここに、国鉄の官舎(アパート)があり、妻は高1まで住んでいた。
ホテルを予約したとき、あれ? 近くに住んでたわよと妻が言っていた。





2 妻の10棟は閉鎖.JPG

老朽化した建物のほとんどに住人は居ない。
数棟を残しているが、みなさんもう出て行くのでしょう。
旧国鉄の保有地、言ってみれば財産です。





3 裏側から臨む.JPG

妻が高1まで住んでいた官舎、3階の真ん中あたり。
腕白と言って良いお転婆娘だったから、男児を従えて走り回っていたでしょう。
彼女の人格形成や成長は、どのようにしてこんな上等になったんだろう。





4 こんな給水塔はあったのか.JPG

今の妻が子ども時代に過ごした場所を見ても、何も分からない。
でも、こんな所を走り回っていたんだなと、思う。
物を廃棄し処分し消えていくが、妻は子どもの頃ここを走り回った。

予定が消えて空白になった時間を、ボンヤリと過ごした。
これからも、独りよがりの時間が増えていくのだろう。
今日は、新しい住み家の仮契約と、内覧ふたたび(私は初)。

雪のない船橋の、汚れた川に、少し幻滅した。
どんどん元気が消えていく。
現金のように、元気もかき集めなくちゃ。





ファイト!






ファイト!(137)  コメント(10) 

お江戸のお写んぽ   [旅]




人生や日々には「流れ」というものがあると思う。
抗うことなく、流れを感じ、恐れず怯まず前進する。
そういうことが自然に出来るようになると、悟達の人。




DSC08890.JPG


一昨日、吹雪の中を久々に長時間運転し、疲れた。
欠航便多数の中、奇跡的に飛ぶも、機内に長時間閉じ込められ、疲れた。
昨日、寝不足の中、Kameさんと東京駅・皇居・上野・植物園と撮り歩いた。
午後は、軽トラックを借りて、次女の引っ越しを主導し、疲れ果てた。




DSC08837.JPG


吹雪の中の運転は疲れる。
しかし、都会の狭い道路の運転は、カーナビがあっても疲れる。
疲労困憊し、昨夜は妻と、西船橋駅前で飲んだ。
未だに妻も、市川移住が上手くいくのか不安だと言う。




DSC08825.JPG


昨日あるいたのは、20553歩。
複雑な心境の中、泥のように眠った。
きのう皇居前で撮った写真を3枚、今の我が心象風景である。
会心のヒット作とすることで、昨日を価値ある一日と認識する。

今日も、軽いカメラで、良い写真を撮る。
雪景色が一転して、彩りのある街に、目眩がしている。
おれって、やっていけるのかなと、不安も感じている。




ファイト






ファイト!(118)  コメント(10) 

思い出した不思議   [旅]




うわさ通り2月はあっという間に走って過ぎた。
いや、逃げたのかもしれないが、ベトナム落ちた、ニッポンでいく。
3月はいよいよ、市川への引っ越しが大行事だ。

次女の助っ人もあり、連日、処分・処分・処分、廃棄
ちょっと休むぞ、戦士の休息。
ボンヤリ考えていて、気になったことが2つ思い起こされる。






AA4I1387.JPG

2月、ベトナム遠征の二次試験を受けに行ったときのホテルが、阪急電車の神戸三宮とJR元町の間にあり、大丸百貨店の前だった。阪急を降りて歩いていたとき驚いたのが、写真のこの場所。長すぎる横断歩道は圧倒的だった。歩行者用の信号が3つ分、横幅の広い横断歩道に驚いた。




AA4I1375.JPG

神戸三宮近辺にはたくさんのステーキハウス、神戸牛を売りにした焼き肉店がたくさんあって、ガイジンさんが長蛇の列を作る時間帯もある。そういうステーキ店銀座みたいな界隈に、「いきなりステーキ」が堂々と営業をしていた。何が何でも神戸牛の界隈で、いきなりステーキには少し驚いた、生田神社参りの帰り道だった。


さて、いよいよ3月は、豪腕で全速前進





ファイト!






ファイト!(118)  コメント(7) 

雪まつりだとか   [旅]





昨日は業者さんがやって来た。
10時半に来て、2時間ばかりの作業があるという。
車2台でやって来るのを見計らって、出かけるオレ。


ISO100、f8縛り。
外は大体、1/400ていどのシャッタースピード。



ISO100 f8 1'400.JPG


顔見知りの業者さんに、ちょっと雪まつりの見回りしてくる。
じゃあねって、重たいカメラを持って出かけた。
業者さんが笑顔で見送るのは、オレがいなくなるからでしょう。




ISO100 f8 1'400 2.JPG


水道関係の確認と、敷地確認。
敷地がどれだけの広さかを示す印を雪の中から掘り起こしたようだ。
4箇所に、赤いペンキが塗ったあたまに十字のコンクリート。




ISO100 f8 1'500.JPG


家の広さを示すその印、赤いペンキの、確か在ったよ、ではダメ。
もしなければ、また測量をして、30万円の経費が掛かる。
レンズが買えるやんと、その印の発見を期待した。




ISO100 f8 1'160.JPG


上手に帰宅して確認したら、印はちゃんと在ったようだった。
この時期に、さらに30万円なんて、出す気はないからね。
明日、内覧に来る方がいるし、さらに物を捨て家を片付ける大掃除と処分。

再来週には次女が帰ってきて、荷物の処分。
三女は来月に帰ってきて処分をするみたい。
4月18日を引っ越し期限にしたが、来月から引っ越し可能となる。

予定表は早い順に書き込まれ、決まっていく。
あとはもう、事務的にコトを進め、時折の祈願。
それでもぬかりなく、遊びは入れて行くオレ、用意周到。




ファイト!







ファイト!(118)  コメント(6) 

金メダルは狙わない   [旅]





梅田に野暮用で、今回は神戸空港を利用でした。
宿は元町に取り、大阪とは違った食事が楽しめた。
元町の写真2枚、梅田の野暮用近くの太融寺1枚、都会的密集感。




AA4I1154.JPG


認知症が親族で大きな話題となっている。
そういう現状で、夫婦でも考えることが多くなった。
宝塚で見聞した現状を、メールで妻と共有した。




AA4I1159.JPG


妻の返信に曰く、
認知症に関しては「怒らない」「否定しない」は基本のよう。自信過剰かも知れないけれど、その辺りは大丈夫と思う。子供たちとの接し方、パパとの接し方で鍛えられているし、人に自分の時間を振り回される事にも慣れている。子供たちの送り迎えが、正にそれ。365日に近いところで、学校、プールの送り迎えを何年したことか。自分のしていることを後回しにして、子供、パパを優先にしてきた生活。お婆ちゃんに、何年振り回されるか分からないけれど、全く不安は無いよ。





AA4I1285.JPG


19の頃から「強いな」と言われることを嫌った少女だった妻。
だから言わないようにしていて、ただ、己の愚を常に骨身にしみている。
妻には常に感謝、オレってエライなぁ-と思いながら、感謝。

オレも協力をするのだけど、さて、どうするのか。
それはおそらく、私が楽しむ、妻も楽しむ、そういうことだろうな。
いよいよ言葉と、コミュニケーションが重要になってくるな。




ファイト!







ファイト!(115)  コメント(5) 

大阪の寒さナメたらあかん   [旅]





大阪の寒さ、ナメたらあかんでぇー。
ナメんといてや、さぶいやろ。
そんな声が聞こえるぐらい、大阪で「寒い」と思ってしまいました。



AA4I1201.JPG

予想外に寒いの何のって大阪、と妻にメールしたら皮肉られました。
赤い上着は、冬の巴里でも着ていて、活躍するほど暖かいのではなかったっけ。
いじわる、ちゃぷいんだもん。




AA4I1225.JPG

野暮用があって大阪に来てるんだけど、時間があったので墓参りに行った。
まだ時間があったので、国宝の社殿を拝みに行った、住吉大社。
子どもの頃、走り回って遊んだ場所ではあるが、後藤クンはもういない。


大阪の寒さ、ナメたらイカンかった。
Yシャツが半袖だけど、北海道ブランドじゃけぇ、ガマンした。
年寄りの冷や水っぽい、大阪遠征であった。




ファイト!







ファイト!(117)  コメント(8) 

雪まつり雪像作製見学   [旅]





第69回 2018 さっぽろ雪まつり
2月5日(月)~2月12日(月)
私にとっては最後の雪まつりだと思うので ちょっと味わう。




完成間近.JPG

良い天気が続いたので、思い切って散歩に出た。
開幕3日前ともなると、仕上がりも上々だった。
週末はマイナス10℃の世界だから、溶ける心配はない。




人KENまもるクン&人KENあゆみちゃん.JPG

823姉さんが喜ぶ、人権。
人KENまもるクン&人KENあゆみちゃん。
作ってるのはおじさん一人、ご苦労様。

ソリに雪を詰め込んで、水を掛けて固めていく。
そういう作業を、仲間と楽しく人権語りながら作りたいものだ。
でも、人権グループは少数精鋭一人きり、黙々と戦う。




白い犬.JPG

雪だから、白い犬は簡単だ。
ソフトバンクは、2名で測量しながら作ってた。
社を背負っての作業か。




溶け込んでしまう雪像.JPG

作業中の人を排除して撮影した。
すると、屋根部分だけだと、周囲の景色に溶け込んでしまった。
精密な作業をされたのだと思う。


本番が月曜から始まる。
あちこち歩くのも楽しみである。
作業員以外立ち入り禁止も、月曜には解除される。




ファイト!







ファイト!(137)  コメント(7) 

法事にて大阪   [旅]





父の七回忌で大阪に遠征した。
宝塚、伊丹空港、なんば、我孫子道。
これらへ効率よく行くためのホテルは新世界隣接地。
地下鉄御堂筋線、動物園前下車、徒歩1分。



178.JPG


墓へは、チンチン電車(阪堺線)で行った。
路面電車の移りゆく景色を、妻は楽しそうに、キョロキョロ見ていた。
ここがね後藤君ちの近く、ここがお世話になった住吉警察。
いらない解説を積み重ねる。




215.JPG


墓の掃除をし、驚いた。
水が凍っていて、どうりで寒いと思った。
風が冷たく、札幌より寒い底冷えの大阪だった。
大阪の寒いぞ情報を、ナメていた。




248.JPG


寺の床は冷たくて、七回忌だから大サービスでお経が山盛り。
ありがたいことだけど、足がちぎれるほど冷たかった。
ストーブもエアコンもオンではあるけど、隙間風が激しい。
傾きかけた寺のお堂は、ちょっとした冷蔵庫だった。




208.JPG


朝のお写ん歩は、一心寺。
またもや山門の仁王様に圧倒されてしまった。
怖かったので、お賽銭は前回の20倍支払った。
朝の光景は引き締まるが、さすがに半袖は寒かったし、視線だけが熱かった。

祖父母を見送り、両親を見送って、友を見送り、時間だけが残る。
過去帳を眺めると、寒い時期や暑い時期に、それぞれ亡くなっている。
体力的にキツイ時期だったのですよと、和尚様の言い。
センター試験も厳しかったが、法事にも厳しい寒気団。




ファイト!






ファイト!(131)  コメント(17) 

駅前の旅   [旅]





キミは緑のネオンがキレイだと言い、
オレはキミが可愛いと思っていたのだけど。
赤だと答えるオレに、少し不満そうになるキミ。



kimiga.JPG


修学旅行の高校生を見て、キミが笑った。
ミニスカートで、あんなにお土産抱えて走って来るんだもの。
電飾を背景に、北九州から来ました、寒いです、写して下さいって。




utukushii.JPG


あんなミニスカートで、アンポンタンだろ。
でも、髪も染めてないし着崩してないし、悪そうには見えないわ。
あれだけ雪の中で笑ってれば、悪いやつじゃないよね。




vew.JPG


きっとまた、北海道は観光で来るのかしら。
そうだね、でもそれは来年以降だな、今年は厳しすぎる。
そうね、函館には友達が居ないから、札幌がいいな。

考えてみればオレの友だち北海道にしかいない。
そんなことに気づいたが、教え子を招集して飲む手がある。
いや、友だちが居なくても、ワインがあればそれでいいや。

春よ来い、その時までに。
中身は伴わなくても、決行日を決めて動く。





ファイト!






ファイト!(123)  コメント(7)