So-net無料ブログ作成
検索選択

途中下車の思い出   [旅]





旅の思い出 1

スカイマークを使って鹿児島へ行った。
神戸空港乗り換えである。
往路では親戚周り、母の見舞い。
三宮駅前で一泊した。


DSC03094.JPG

驚いたことに、この街には活気があった。
ずっと昔の新宿歌舞伎町のようだった。
昼と夜の顔が違う。
が、昼も夜も、神戸牛の売りは同じ。


DSC03091.JPG

夜に神戸牛、そんな店が乱立、密集。
確かに良いニオイはするが、重い。
夜は国籍不明の妖しい女性、客引き。
不思議な街である。


DSC03087.JPG

昼間は、欧米中韓、ガイジンが肉を食いに来る。
神戸牛、KOBE BEEF が売りのようだ。
坂を登れば、異人館が構えている。
坂を下れば、神戸牛が尻尾を振る。


DSC03081.JPG

宿泊したホテル近くの店。
夜、11時近くに帰ると、お姉ちゃんがいっぱい。
さすがに老夫婦には声をかけてこない。
スリルは逃した。


DSC03079.JPG

きっと SNS で発信されて、来たくなるんだろうな。
三宮って、普通にビジネス街でも良かろうに。
思いっきり商売っ気たっぷりに、活気があった。
たしか、震災の頃、コケてたように思うが。

この手の活気が苦手になった。
老いを感じた三宮である。
でも、路線が違うからイイや。






ファイト!






希望   [旅]





鹿児島の旅 つづき

三女の卒業式を見届けて、さて。
菜の花を背景に記念写真を。
そういう親の願望が、振り回す。


DSC02936.JPG

「雉も鳴かずば撃たれまい」
(無用なことを言わなければよいのに、無用なことを言ったばかりに災難を被る)
それって不規則発言で窮地に立つオレのことやね。




DSC02935.JPG

娘が住んでいたアパート前なら、菜の花が雑草としてある。
次女の卒業式でも写したぞ。
田舎だから、アパートの前は畑だし。
トラクターは焼酎の芋を作っている農家だと思う。




M S.jpg


真に正直な者はほんの一握り
なれるならなりなさい
自分のため 役目を果たしなさい
大人になって報われます

人生には嵐も来る
明るい未来に暗雲が漂うこともある
でも誇りを胸に 正直に励めば
人生の航海を安全に進むことができる

しっかり努力して 正しい役目を果たしなさい
少年少女たちよ
何をする時も 正直に誠実に
それを人生のモットーに
   (「Golden Days for Boys and Girls」)





sleepy.jpg

三女ちゃん いい夢見てたかな
すでに筑波に引っ越し
大学院での新生活が始まるのかな
か細くともチチは応援を続ける




DSC02914.JPG

親愛なる三女ちゃんへ

菜の花という雑草が団体戦を仕掛けておりました。
受けて立つ三女、新天地の新しい出会いを期待します。
「ちょっと変わった子」が「ちょっと変わった人」に変わりました。
それでも三女ちゃんの誠実さ、真面目さ、面白さは不変です。

粘り強い努力で、力を蓄えてください。
きっと個人戦でも花開くでしょう。
楽しみにしている。
それまでチチは、くたばらないぜ。




ファイト!






オレって幸せなのかも知れない   [旅]




鹿児島の旅

三女の卒業式に参列
朝から晴れて前日には見ることの出来なかった開聞岳の頭が見えた。
良か良か。


DSC03123.JPG

前日、開聞岳の前に広がる菜の花だけを見た。
翌日、頭をくっつけて、完成である。
知覧茶の栽培場所なら、緑が映えるらしい。
行くかな、両棒餅(ぢゃんぼもち)食いたいし。



DSC02694.JPG

午前4時起床で着付け?
午前6時から動き回るチチと三女。
総代ってことで、記念植樹?
怪しいオンさんが尾行する。



DSC02737.JPG

誰のためとか考えない。
選ばれし者の特権、写す。
何の木か分からないが、木。
晴れて良かった、雨なら濡れる。



DSC02680.JPG

「卒業生総代、三女」
そう呼ばれて、返事をしそうになった。
こけないか、ロボット歩きをしないか。
心配で、心臓が爆発しそうだった。



DSC03200.JPG

式も終わり、水泳部の連中と記念写真。
渡されたサングラスを掛けて、何を見る。

考えてみれば、ここまでに22年間の時間を要した。 視力が0.1未満、ほとんど目は見えておらず、運動選手は無理だろうと諦めていた親なのだが、海外遠征にも行くまでになり、日本選手権で6位入賞もした。前日、家族で食事をしているとき、今まで有り難うって、恒例のご挨拶。悔いはなく、ただ、表彰台に上りたかったと、泣いた。

いつか、人は、生活をすると言う意味で、生きるために夢を諦めることになる。自分の力ではどうしようもないことを引き摺るより、吹っ切れて、新しい世界を開拓する。そのための若さだし、ここからが本当の夢だったのかも知れない。アスリートの寿命は短い。伝説になる必要もなく、前に進めば良いと思っているチチ。

われ、ただ、足るヲ、知る。

一緒に祝いに来た次女も含めて、誇らしい気分を持てた。 よく生きてくれた。 おそらく、オレって、幸せなんだと思う。
Talking To The Moon




ファイト!







小雨の鹿児島に降り立つ   [旅]





横綱稀勢の里が大関照ノ富士を本割と優勝決定戦で続けて下し優勝したが、大いにドキドキした。見ていても歓声を上げてしまったが、今日も左から土俵下に落ち、大怪我にならないで貰いたい。


裏番組では、高校野球も熱戦で、2試合連続の延長15回引き分け、再試合となった。200球投げた投手は、将来のケガが不安だけど、再試合でも頑張ってしまうのだろうか。


遠征の旅を振り返る。
新千歳-神戸-鹿児島
途中下車一泊は三宮(母を見舞い、叔父を見舞う)。


DSC03103.JPG

JR三宮駅には、誘惑の開聞岳の遠景ポスターがあった。
尼崎で乗り換えて東寝屋川の、母の施設を訪問する。
ビデオとスライドを見せて近況報告である。
JRの車内で広告ビデオがあり、開聞岳と菜の花畑が映る。



DSC02310.JPG

翌日、池田湖近くの畑から開聞岳を眺める。
あいにくの雨で、開聞岳の頭が見えなかった。
これでまた来る理由が発生した。


DSC02322.JPG

幸せの黄色いポスト、ありふれた企画だろうか。
鹿児島で世話になった友人へのお礼のハガキ、ここに投函した。
投函した翌々日に着くという、ノンビリモードであった。
後方に、日本百名山の一つ開聞岳の、裾野だけが見える。




DSC02325.JPG

JR最南端駅、西大山駅。
韓国と中国の方が大勢来ていた。
何をしに来ているかは不明だが、おばちゃんたちが来ていた。
なぜか漬け物を買い込んでいた。


鹿児島空港から、次女と三女が合流。
レンタカーを借りて、ドライブを楽しんだ。
翌日の未明に着付けがあり、三女の卒業式である。
小糠雨降る開聞岳、それも情緒、旅情である。




ファイト!








ルイちゃんたちとお別れ   [旅]




かなり身構えた交流だった。
それでも実際は大いに楽しんだ。
ルイちゃん家族との7日間が終了した。
身構えたぶん強烈な思い出として残る。


DSC01978.JPG


新千歳空港での出迎えに始まり。
新千歳空港での握手で終わった。
最後まで珍道中。
父さん、チケットを失う、事件!



DSC02039.JPG


ルイちゃん家族の激しい中国語を初めて聞いた。
周囲が引き、衆人環視の中トランクを開け探す。
カウンター前に、独特の空間が生まれた。
まくし立てる中国語は、中国人らしかった。

パパはおもむろに、地上職員に聞く。
チケットなくしたけど大丈夫だよね。
パスポートと予約履歴があるから、ね。
お母さんのiPadを借りて示す。

喧噪の中国語がまだ聞こえる。
大丈夫ですよ。
職員の声は天使の日本語。
ホッ、としながらクールなパパ。



DSC01996.JPG


つぁいちぇん(再見)と、オレ。
お別れ、お父さんは感激していた。
是非、上海に来てくれ、と。
妻を連れて、麻雀しに行くよ。

美味しいものを作って食べさせる。
麻雀もね。
でも、やり方知らないから勉強する。
いい加減だけど、行く気はある。

中国はまだ好きになれない。
でも、上海には好感を持ち始めた。
彼らのことが好きになっている。
なんだか、懐かしい気持ちになるんだ。

不思議な不思議な7日間だった。
何かを成し遂げたような充実感がある。
三女を熱烈歓迎してくれた。
そのお返しのつもりだが、友好が始まる。

少しだけ、心の中が、温かい。
心の中が、きっと・・・、春だね。
でも、疲れた。



ファイト!







你好 ルイちゃん家族 3   [旅]




レンタカー3日目。

北海道神宮参拝のマネ。
大倉山ジャンプ競技場に登る。
「じんじん」で、ジンギスカンを食す。
国営滝野すずらん丘陵公園で叫ぶ。


DSC02645.JPG

早朝の厳粛な空気は、消えていた。
宮司と私たち以外に、日本人がいない。
ある種の、ブームなんだろうな。



DSC02681.JPG

とにかく、それ、ただの雪なんですが。
よほど珍しく嬉しく楽しいのか。
神社をお参りする真似をして、雪遊び。
全員アジア人だが、外人だらけでした。



DSC02717.JPG

人気の大倉山。
西欧人だけでなくアジアの客が殺到中。
ミュージアムが改装され、競技の疑似体験。
施設の人以外、日本人がいないフシギ。



DSC01864.JPG

南区中島公園の、じんじん。
60分1000円でジンギスカン食べ放題。
上等のジンギスカンは美味。
他にも5人、中国の留学生が来ていた。



DSC01888.JPG

国営滝野すずらん丘陵公園
大いに野外で遊ぶ大のオトナたち。
入場無料、駐車場料金410円のみ。
200m、チューブそり滑りは、大はしゃぎ。



DSC01903.JPG

200mを一気に滑り降りて、また上へ。
ロープで上に引っ張り上げられる。
これがまた楽しくて、はしゃぐ日中。
ここもアジアの観光客が占領。

朝から一日お疲れ様と自問自答。本当に皆さん大喜びで、特に、200mチューブそり滑りは、全員一致の大はしゃぎであった。裏方の私も、ついつい、何度もチャレンジして、バサロキックでスピードを出し、クルクル回転して、はしゃぎすぎて疲れてしまった。

訪れた場所は全て、日本人より、アジアの観光客だらけであった。旅を楽しむ観光客が、おそらくまた、仲間を連れて来るのだと思う。爆買いの連中よりは、私はこうして一緒に、キャッキャ言って遊ぶのが、楽しくて良いなぁーと思った。妻も、ニコニコ嬉嬉として楽しんでいた姿が最も嬉しい。




ファイト!






你好 ルイちゃん家族 2   [旅]




レンタカー2日目。
朝市の見学、生鮮丼、場外市場見学。
登別遠征、地獄谷見て温泉に入る。
白い恋人を買い、白い恋人パーク散策。


DSC02485.JPG

ここは写真を撮ってもいいか、OK。
ここは良いか、OK。
謙虚さが良いよね。
父さん写すのが大好き、朝市。



DSC02557.JPG

朝が早かったので、皆さん車中は大睡眠。
爆買いはしないけれど、爆睡。
そして、登別温泉、地獄谷にて大はしゃぎ。
日本人は殆ど居ない外人だらけの観光地。



DSC02579.JPG

中国、台湾、韓国の方々だらけ。
中韓交流で、シャッターを押す親善。
第三種接近遭遇か。
オレはいつでも知らん顔。



DSC02570.JPG
10万元(×16.6856JPY)出して買ったそうな。
他にもレンズがあったのでしょうが、父さん。
とにかく、バシバシ写していらっしゃった。
二度ほどシャッターを切ったが、・・・いー。



DSC02627.JPG

温泉を堪能した御一行様、爆睡。
帰りは、白い恋人パークを満喫なさる。
白い恋人の爆買いは、度肝を抜く。
好きなんだな、みなさん。

人柄の良い人との旅は飽きない。
運転手、目は疲れたけど。
国際交流には体力が要る。
車ならではの効率的な旅だった。

朝市以外は外人だらけの場所だった。
オレ親中派とまでは言わないが。
ルイちゃんの両親は好き。
たまたま上海の人だけど。




ファイト!





妄想の旅   [旅]




誰かがJRの吊り広告の話をしていた。
菜の花畑から見る開聞岳の、春の便り。
ネットで写真を拝借して、妄想の旅。
気分転換だ、開聞岳と菜の花を見に行くぞ。


77BD7F23C5C74BD59B461EF333E17154_L.jpg
(旅情報サイトから)

池田湖からの眺めだと分かった。
しかし、もう菜の花は終了であろう。
生き残ってくれたら、月末には見に行ける。
菜の花とセットの開聞岳は、初めてのこと。




DSC00881.JPG
(先月のお江戸の旅で)

金町駅に止まっている電車である。
京成電鉄だと思うが、高砂駅に行く電車だ。
金町を出て、次は柴又、そして終点の高砂。
あまりにも短いくせに利用客が、いるのだ。




DSC00855逆.JPG
(お江戸散歩で次女を待つ亀戸天神)

物事は考えよう、物は見ようによって変わる。
思い切りよく辞めるのが良いときもある。
執念深く突き進んだ方が良いこともある。
凹むのはシンドイので、懸賞を当てに行く。




DSC01181.JPG
(お江戸の散歩にて Y-junction)

左に行けば吉祥寺だと分かる。
吉祥寺に行きたいのだから、右は捨てる。
右は妄想に残して、左に進む。
進みながら、楽しい話をする。

新年度のアルバイト、捜索開始。
出会いがありますように。
良い人を演じる。




ファイト!






居酒屋探訪 3   [旅]




お江戸の散歩/ 居酒屋探訪 3
居酒屋4回のうち、第3位
お江戸到着日、次女と待ち合わせて亀戸へ。
始発出勤の次女、久々で、大人感アリ。
人気の店なんだよと、言われても・・・。


DSC00676.JPG

本日半額の看板が、まぶしすぎる。
開店1時間前だから、近くを散歩しよう。
人気店であることを忘れ、歩き回る。
下町ってイイよね、と思う。



DSC00685.JPG

東京の児童公園は小細工までリッチ。
札幌とは違うなと感心する。
ブラブラ散歩と写真撮影を楽しむ。
が、20分前には大変、店に行列だ。



DSC00691.JPG

予約の山で、なかなか入れない。
90分と限定され、強引に入る。
一部半額のメニューだけ徹底攻撃。
時価でも、ぷりぷりカキフライは美味。



DSC00693.JPG

オレたちの、モツ鍋。 うまし。

飲み放題ではないけれど、1杯100円やし、飲みまくり、次の予約さんのために90分、ガンガンで、急激にお腹いっぱい、少しだけ、かなり酔った。 しかし酔わない次女が、怖い。 誰か飲み方、教えてやってくれぇ~。

お江戸到着日の居酒屋晩ご飯、ちょっと激しかったけれど、精算時、えっ? こんなに安くて良いのでしょうかと思ってしまった。どうやって娘は、こういうピンポイントの店を見つけるのだろうか。

久々に会った次女と、たくさん話をした。苦労話、人間関係、生き方、夢、たくさん話してくれた。父が厳しすぎてキツかったけれど、でも、「あの時」に戻って自分に会うことが出来たら、「もうちょっとでいいから頑張れ」と、伝えたいと言った。ギリギリのキツさの中で、大人たちはそれ以上言えなかった。そこを、「もう少し頑張れ」と言いたいと、そういう話には胸が詰まる。

大人になった娘と、さし向かいもイイもんだと思った。




ファイト!






居酒屋探訪 2   [旅]




お江戸の散歩/ 居酒屋探訪 2
短期間に同じ店を再訪するとは、どうした。
帰る前にもう一度、あの「豆腐」を食いたい。
父のリクエストに、疲れ気味の次女が同伴。
4回行ったうちの、第2位であった。


DSC01383.JPG

前回、737円で2時間飲み放題を、本当に飲みまくって、次女がお代わりをし、運ばれたら即座に私がお代わりをして、そういう集中打を随所に入れたので、入りにくかったのだけど、開店前に、店の方が出て来て、歓迎してくれた、と思う。


DSC01385.JPG

今日は少し食べ物に集中しようと、開店前の店内に腰を下ろし、招き猫に専念した。 始めに注文するのは、飲み放題は勿論だけど、「ザンギ」を頼む。初めて北海道で「ザンギ」の品書きを見て、何ですかと尋ねたが、すでに今の私は北海道人で、東京でザンギ(鶏の唐揚げ)を見るのは嬉しかった。




DSC01391.JPG

「手仕込み もっちり豆腐」が一番美味。
次に「白石農園 ゴボウの唐揚げ」が美味。
旅先と言ってもお江戸で、嬉しい限り。
美味しいですねと、本音の感想。


DSC01397.JPG

「手仕込み もっちり豆腐」を揚げてくれた。
裏メニューかな、おいしかったぞ。

飲み物のラスト・オーダーですと言われ、もう十分ですと、前回の半分も飲んでいないから、店の方が「え?」って反応をした。旅の最終日、疲れもたまっており、泥酔が目的ではなく、次女も明日は始発出勤。普通の良識ある、好感度の高い対応をして、旅を終了した。

来年また来るねと、北海道人である正体を明かし、行く気満々である。だって、あの「豆腐」生でも美味いし、揚げても美味。ゴボウの唐揚げも美味かったし、ドリンク・メニューも精度が高かったし、もうちょっとお金取ってよと言いたくなったお上りさんである。と言っても、次女がクレジット決済でしたが。

江戸も捨てがたい。
2kさんが飲めたらなー。




ファイト!