So-net無料ブログ作成

昔は現像するまで分からなかった写真   [道具]




亡くなった函館時代の友人の写真を探していた。
玉手箱みたいなもので、アタリを付けた25年前を掘り下げた。
あのころは、富士フイルムを使って撮っていたのだった。




94 TDL10.jpg

ちょうどデジカメが誕生した頃だったと思うが、まだフイルム使用。
ディズニーランド内で現像すると、ディズニーフレームになった。
どんな写真かは焼き付けないとわからない、そんな時代だった。




AA4I9015.JPG

あれから25年がたち、今年はディズニーランドも35周年だ。
ちゃっちかった乳母車も、いまはオシャレなベビーカー。
従業員たちも変化し、自分たちが楽しもうとしているようだな。




AA4I9093.JPG

まあ、古い人間としては、高校の学校祭とはちゃうねんで。
楽屋落ちか、自分らが楽しむ前に、やることあんで。
なんか、勘違いしてんのとちゃうか。
     (文句を言うのはオレの中の大阪人・・・)




AA4I9608.JPG

勘違いした従業員を見に行くんじゃないんだ。
オレたちは、オレたちのミッキーに会いに行くんだ。
開園当時より少し顔が変わった気もするけれど、別にいい。

おそらく、何万人もいるであろう従業員たちの中にも、凄い奴はいる。
変な奴もいるだろうし、使えないやつも歴然としている。
でも、ミッキーやミニーちゃん、プルートに会えたら、それだけで満ち足りてしまう。

不思議な世界もあるもんだ。
まあ、世界が平和であるならいいや。
今日は、三女ちゃんと駅前でピザを食うんだ、うっしっし [ウッシッシ]




ファイト!






ファイト!(117)  コメント(11)