So-net無料ブログ作成
検索選択

『夫のちんぽが入らない』   [読書 本]





裏・市長さんがこの小説のことを以前、話題にしていた。
その時、図書館に予約を入れていたようで、届いた。
同人雑誌からの出版だというので、興味を持ったのだと思う。



『夫のちんぽが入らない』 こだま著/扶桑社 (2017年1月16日 初版第一刷発行)
61BDj9NZ-pL.jpg

連続する4つの短編集と捉えて良いのだと思う。
同人誌で先頭の一つ目が着目され、引き続き書いていくことになったのだろう。
ユーモアを忘れない筆に救われるが、まあ、特殊なお話だ。

本名を含め経歴は提示されておらず、覆面投稿のようだ。
おそらく、正体がバレたら、旦那も親も、恥をかかすなと怒るだろう。
そもそも文士は、身内からの罵詈雑言など覚悟の筆だろうが、覆面を被った。

私小説の典型だが、覆面を被ったぶん、テーマの追求は甘くなっていったのだろう。
書き切ってしまい、晒し者になる覚悟の欠如が、掘り下げを甘くしたのだろう。
それでも話題性だとかタイトルで、図書館の順番待ちは数が多そうである。

2つ目あたりの章、主人公が小学校教師になり、学級崩壊に遭う。
この章に関しては、現実味があり、現実そのままのコピーであろう。
独立させて掘り下げ、壊れていく先生を主題に書くのも面白かったと思う。

まあ面白かったよ、以上。
そんな感想。
コソコソと売れていくんだろうな。






DSC04169.JPG

家庭菜園の水まきをずっとしておらず、そろそろと思っていたら雨が降ってくれた。
こういう巡り合わせはラッキーで、図書返却以外に出歩きはしなかった。
図書館へ本を返しに行く途中の公園では、花も水滴を溜めていた。

雨の日の作業、母に見せる写真、どう見せるかの整理である。
写真に花の名前を入れていく。
連続して、名前の入っていない写真を並べる。

そういうスライドショーにすれば、八百長もできる。
同じ写真が出てきて、始めには名前が出るのだと法則を理解すれば。
母も、得意になって花の名前を言い出すかなと、考えた。




シコンノボタン(ブラジル).JPG
シコンノボタンb.JPG

分かる花の名前だけは全て入れてみようと思う。
そして2枚続けて並べて、八百長の、名前当てクイズを作るかな。
名前の分からない花は、「これ花や」で、済ますつもりだ。




ファイト!






nice!(117)  コメント(9)