So-net無料ブログ作成

あーあ   [ひと]






残暑猛攻の大阪はイヤなんだけどねぇ



こればっかりは仕方がない



涼しく.JPG


乙女座のオッサン

今月いっぱいブログを休憩

まあ

おふくろと

時間を過ごせると

いいなぁ



でもねぇ

これだけは

年も年だし

重い足取りで大阪入りかな





デュエット.JPG

(デュエット /北大植物園)



ダメかな





ファイト!






ファイト!(153)  コメント(12) 

バトンタッチ   [仕事]






風呂上がりに2階ですっぽんぽん体操をしていた。

玄関のベルが鳴り妻が対応し、呼ばれた。

客人だという。




すっぽんぽんおじさん

スクランブル発進で

駆け下りていく





空手少年.JPG


私が函館時代に、サッカー部員だった教え子が来た。
彼も札幌市内に住んでいて、年に一度は顔を見せる。
空手の練習に行く前、息子を連れて、遠回りして寄ってくれた。

お兄ちゃんは、小6の部で3位。
全国大会だからね。
眼光鋭い弟は、努力賞。

それぞれとガンの飛ばしあい、メンチ切りまくり、にらめっこ。
おらぁ、目をそらすなと、弱虫の爺さんが、エラそうに言う。
オッサンと自称しても、彼らには爺さんだろうしな。





武道館.JPG


お土産をくれた、武道館まんじゅう。
柳ジョージのコンサート、大学の卒業式以来、行ってない。
あのビートルズが演奏した、武道館のまんじゅう、もちろん仏壇に。

置物は困るけど、飲食系のお土産は嬉しい。
お土産がなくても、教え子の、その子どもの活躍が嬉しい。
幸せだなと、思ったオッサンである。





ゴールドバニー.JPG

(Gold Bunny /北大植物園にて)


人が訪ねてきてくれることは、嬉しい限りである。
教え子が、子ども自慢にやって来る、嬉しい限りである。
オマエタチ ハ キタエテ アル

おそらく正しく、子育てを今後もやり続けてくれるだろう。
何となくだが、バトンタッチが出来ているような気がする。
しあわせだなぁーって、思うのさ。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(7) 

待てど暮らせど10年   [趣味]




カメラの解説書がなくなり諦めていた。
娘に教えられ、HP で確認できるとのこと、便利やんか。
カメラの操作を確認した。

同じページで、写真撮影の入門ビデオがあったので見た。
絞るとか、開放とか、そういうことか、縦か横か。
なるほどと思うと、北大植物園に急いだ。



DSC03290.JPG


何気なく来たのだけど。
サギソウは今を盛りと、ビュンビュン飛行隊。
ちょっと嬉しくなった。




DSC03320.JPG


やりたかった実験はこれでした。
皆さんが仰ること、ここでわかった気がして。
奥までピントが合うとこうなるのかと。




DSC03594.JPG


こういうことを意識して撮り始めると。
益々妻は同行を拒否し始めるだろうし。
棲み分けて、上手に撮り歩きをしなくては。




DSC03625.JPG


構図に関するビデオは、よく分からないままだった。
それはもう少し先。
本当は撮り歩き教室に行きたいけど、ビデオ学習かな暫くは。


高校野球が終わった。

またもや準優勝の広陵高校は、10年前も佐賀北に敗れ準優勝だったとか。
10年前、2007年、インターハイ水泳は佐賀でおこなわれた。
次女が初めて全国大会決勝で、テレビに映った年である。

あの時のビデオはどこへ行ったのだろうか。
あれから10年、次女は、今も、いまが楽しいと働いている。
10年、早かったぞ10年、オレはどこへ行く。




ファイト!






ファイト!(124)  コメント(15) 

季節の笹かまぼこ とうもろこし   [味]





あまりにも痛い話。

『星に願いを、いつでも夢を』 村上龍(2016年11月30日 初版第1刷発行)/p22 定年退職後に妻にもっとも嫌われるのは、「一日中何もせず、外出もせず、ただテレビに向かってブツブツ文句を言う男」だという。何となくわかる。「けしからん」「許せん」「バカばかりだ」などと、テレビに向かって不平不満をぶつけるのだ。そういった男でも食事など生活費はかかる。だが生産性はゼロなので、妻としては、顔を見るのもいやになるということだった。


haruka 遙か.JPG


オレ、テレビに向かって、言い続けている。

指摘のつもりで、言い続けている。

単なる老人じゃないか、しかも周囲に迷惑な。





タキユリ.JPG

タキユリ(百合が原公園)


鬱陶しがられるのは嫌だな。

きっと、あいつも、あいつらも、避けるのかな。

コミュニケーション能力っちゅうもんが、不足なのかな。





それでも美味しい話

笹かま とうもろこし.JPG

鐘崎の大判笹かまぼこ「大漁旗」より、オレ、これが好きになった。
笹かまはちょっと飽きてきたけど、「季節の笹かまぼこ とうもろこし」は美味かった。
つぶつぶの食感と口の中ではじける甘み、来年もこれを、貰うぞ。

貰うためにも、これが美味しかったんだと、焼き付くようにハガキを出す。
それも、きっとコミュニケーション能力っちゅうもんや。
面倒がっていては、いけないのだろう、いやしく、がめつく、執念深く。




ファイト!






ファイト!(125)  コメント(12) 

秋始まる   [日常]




札幌の、ほとんどの小中高校は、昨日が夏休み明けであった。
現職時代、高校3年を受け持っている時は、この11日間がキツかった。
受験勉強のみの生活、100時間近くの不足という計算をしていた。


現場を離れて、なんて馬鹿げたゲームをしていたのだと思う。
ゲームだから、やっている最中は楽しかったけれど、ね。
人生の役に立っているかどうかは知らないが、馬鹿げたゲームを楽しんだ。




035.JPG


夕方の柔らかい光を探しに行った。
近所に空き地があって、いずれ一軒家が建つのだろう。
それまで、雑草たちの宝庫である。




039.JPG


先週からこの草むらでは、コオロギが鳴いている。
大阪で聞いた蝉のウルサさではなく、上品な、凜とした鳴き声。
コスモスも一部は枯れ始めた。

秋が確実に始まっている。
水道の水も冷たく、朝夕は涼しい。
そして確実に、食欲の秋は始まっている。




ファイト!





ファイト!(123)  コメント(11) 

急ぎ秋   [日常]






スモークチキンも再び完成したし

ゴボウを使った料理を4種類作り溜めたし

庭で採れたジャガイモでカレーも作ったし





急ぎ秋.JPG

急ぎ秋

雲は流れ

陽が差しても風が冷たく





夏の終わりに長い坂道を登る.JPG

夏の終わりに長い坂道を登る

きっとイイ景色があると

励まし合った二人が急ぐ





ランチを狙うカラスに目もくれず.JPG

ランチを狙うカラスに目もくれず

寄り添う彼女も

急ぎ秋





頑張れ 恋人つなぎまであと4本.JPG

頑張れオレ

恋人つなぎまであと4本

いいトシをして何が悪い





ファイト!






ファイト!(135)  コメント(19) 

詐欺にあうのではない   [趣味]





詐欺にあうのではない

サギソウに あいに行く

3度目の北大植物園



DSC05140.JPG

3日前にはスズメバチの看板がなかったように思う。

カラス対策はミラーグラスを後頭部にかけ襲われないようにした。

しかし不意打ちのスズメバチには手を打ってこなかった、不安。





DSC05149.JPG

月曜あたりがピークだろうなと思った。

月曜は休みだから、土曜日がちょうど良かったんだ。

ほぼ快晴だし、土曜がちょうど良かった。





DSC05222.JPG

編隊飛行もどきが撮れたし

これは母も喜ぶだろう

イイ仕事をする親孝行もどき





DSC05248.JPG

皮肉を言われても凹まない

やると決めたコトはやる

でもなぁトシかなぁしんどさは募る




札幌近郊は大丈夫だけど

お天気模様が変テコリン

野菜やワインへの影響が気になるなぁ





ファイト!






ファイト!(143)  コメント(20) 

エチケットカッター   [道具]





ねえ、鼻毛ぬくのはイイけど、もう少し上品にできないの。
内田百間の『贋作 吾輩は猫である』でも、漱石が原稿用紙に抜いた鼻毛を並べてた。
あなたいつから夏目漱石になったの。




エッチケットカッター.jpg

オレ、夏目漱石には、なれなかったよ。
むしろ漱石には呪われているほどである。
よって、ヨドバシカメラへ「エチケットカッター」を買いに行った。




DSC04878.JPG

北大の遊歩道の入り口には花壇がある。
背中に真っ黒の雲を背負って、名も知らぬ花を写す。
影が美しいと思えるほどの日照、変な天気だが、ハレオ君である。



DSC04892.JPG

行きは遊歩道を使ったが、カラスの集会が不気味で、帰りは道を変えた。
往路で写しておいて良かったと、自分の運を褒めるのである。
そして妻に愛想を尽かされないように、エチケットカッターのフル回転である。

少しだけの俄雨は、キュウリとトマトのために。
札幌では、夏休み最後の土日であるが、天気予報も良好。
涼しくて晴れるのだから、街に出る、写す、ぞ。




ファイト!






ファイト!(132)  コメント(12) 

あばよカサブランカ   [趣味]





蒸し暑いと聞く大阪。
日照不足に気温乱高下の東京。
どうしたものでしょうかねぇ。

晴れと曇りがめまぐるしく変わった札幌。
それでも、日差しは眩しかった。
もう終わりのカサブランカを写しに行く。



DSC04438.JPG


蝶が人を恐れず、お食事模様。
世代交代の準備があるのだろう。
日本国は、世代交代をさせない意地悪が多い国。



DSC04417.JPG


嵩張らんか、カサブランカ、その香りを記憶した。
顔を近づけなくても、エリアで匂う。
加齢臭を、感じずに済むぞ。



DSC04357.JPG


重ならんか、カサブランカ、百合が原公園よ次は何を見せてくれるのか。
無料開放の公園での撮影、取れ高を稼ぐ。
自転車を使って、北大と同じく、お写ん歩コースに確定。



DSC04482.JPG


さらば今年のカサブランカ。
違う種類のユリと、薔薇が始まるのだろうか。
と、夢馳せて下界に下りると、不愉快なニュースが襲う。


韓国/ソウルの路線バスが慰安婦少女像を乗せて運行開始、不愉快である。
足利市/元女子マラソン日本代表、原裕美子(35)コンビニで万引き逮捕、情けない。
泉佐野市/妻を木刀で殴り殺害の夫「死ぬとは思わなかった」、大馬鹿者である。
韓国/文大統領「徴用工に個人請求権」、蒸し返しばかりで不愉快な連中である。


ニッポンはもっと防衛力を高めないとイカンなぁ。
「ピュアのおいしい酢」を使った料理にハマり始めたオッサン。
世界情勢よりも、晩ご飯作りに専守防衛だ。




ファイト!








ファイト!(133)  コメント(11) 

サギソウを求めて   [趣味]





光合成ができないと次女が嘆いている。
東京は16日間連続の降雨で、記録はまだ伸びそうかな。
正直、ちょっと心配しながら、またもや日焼けするオレ、である。





DSC04910.JPG


DON さんが8月4日、5日と「おおくら大仏サギソウ」の写真をアップしていた。
こういう珍しい花は母にも見せたいと、検索した結果、北大植物園に行き着いた。
そして、行った。





034.JPG
 

高山植物だから当たり前だが、小さい。
特に、盗難防止で過保護な北大では鉢植えで、コッソリ感満載である。
小さいから幻滅ではなく、繊細さ、可憐な姿を楽しむのだ。





DSC04899.JPG


まだ咲き始め。
来週の初めに、もういちど挑戦する。

サギソウ (Pecteilis radiata)
日当たりのよい湿地に生育するサギソウ
環境省により、レッドリストの準絶滅危惧(NT)の指定を受けている





DSC04964.JPG

クサキョウチクトウ (紅)

これは表札がないので前回も分からずに写した。
親切そうな植物園の方に教えてもらった。
夾竹桃には関係がなく、オイランソウの名も使わなくなったようだ。





DSC04976.JPG

キクイモモドキ

和名はキクイモモドキ、別の名は「姫ヒマワリ」と言うらしい。
個人的には、姫ヒマワリが呼びやすいな。
学名はヘリオプシス(Heliopsis)らしいが、母には、姫ひまわりと教える。





DSC05032.JPG

クサキョウチクトウ (白)

これも植物園の方に聞いてメモをした。
似ていると思ったら色違いである。
「聞くは一時の恥作戦」を今後も展開する。

薔薇も少し収穫できたし、サギソウは残念だったが、行って良かった。
また、撮りに行く。
次回は、サギソウの編隊飛行を何とか写したい。




ファイト!






ファイト!(126)  コメント(15)