So-net無料ブログ作成

『 コンカッション 』   [映画]






先月、私が大阪遠征中、妻が見た映画があり、見たいなら見てね、一応捨てないでおいたわ。
そう言われて、見た映画は冒頭にいう、BASED ON A TRUE STORY ・・・実話か、疲れるかな。





        『 コンカッション 』 (Concussion )
コンカッション (Concussion). 脳震盪.jpg

        原題      Concussion
        製作年    2015年
        製作国    アメリカ
        時間    122分
        配給     キネマ旬報DD
        映倫区分  G

解説   ウィル・スミスが引退したアメリカンフットボール選手の死とアメフトの因果関係を発見する実在の医師を演じ、第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた作品。ナイジェリアからやってきた医師ベネット・オマルは、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を引退し、心筋梗塞で亡くなったマイク・ウェブスターの変死解剖に携わる。オマルはプレイ中の頭部への激しいタックルが原因である脳の病気「CTE(慢性外傷性脳症)」を発見し、論文を発表するが、NFLサイドはオマルの見解を全面否定。権力を使い、オマルと彼の周囲に圧力をかけていく。ウィル・スミスが主人公オマル医師を演じ、アレック・ボールドウィン、アルバート・ブルックスらが脇を固める。監督は「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」のピーター・ランデスマン。「オデッセイ」「ブレードランナー」のリドリー・スコットが製作。


リドリー・スコットが製作か、見るわな。
ウィル・スミスが主演だから、そうひどくはないだろう。
でも原題が、「脳しんとう」とは、直接的な表現である(カタカナでも同じか)。

実話なら、そうなんだと。
でも、妻が言うように、アメリカなのに大変な回りくどいやりかたで正義が行使される。
組織的抵抗と、巨大組織の妨害に遭い、何度も諦めかける。

それでも時間がかかっても、改善されたから良い、と思うけど。
アメリカって、こういうことを繰り返している。
巨悪を眠らせない事例が、実話として映画化され、日本人は感激する。

黒澤監督作品に 『悪い奴ほどよく眠る』というのがある。
あの映画が今でも新鮮なのは、悪い奴らがよく眠っているからだ。
正義はいつでも気合いを入れなければ、それを行使できない。

実話だし、秀作だった。
正義感溢れる妻には、もどかしくも、血湧き肉躍る映画だったのであろう。
そして、悪い奴らは、外遊中。




concussion.jpg

主人公の上司がなかなか、感じの良いオジサンだった。 感じの良いオジサンが登場するのは嬉しい。彼は、堅物の部下(検死官)に、「女を見つけろ」とはいわず、「生きた女は時に面倒だが、たいていは素晴らしい」なんて言う。 こういう、ニヤッとさせるセリフが私は好きなのさ。





暑いぜ札幌.JPG

札幌で、真夏日(30℃)も5日目になると、ちょっと怒りたくなる。
それでも怒らないでアイスを食べているオレって、いいオジサンかな。
そして、厨房はこの気温よりさらに3℃は高くなっている。

調理が済めば、シャワーとアイス。
そういうささやかなコトが、毎日の願望。
ビールとアイスの備蓄は、十分にある。




ファイト!