So-net無料ブログ作成

「ピウス13世 美しき異端児」 (The Young Pope)   [映画]





誰かが見ているという意識を根拠にして、だからやらないんだという振る舞い方は、私はちゃんと残しておいていい人間の姿だと思う。  (「やりなおし教養講座」 村上陽一郎)





ジュード・ロウ.jpg
(八重洲中央口/6月16日)

何かの宣伝なんだろう、ジュード・ロウの大きなポスターがあった。
44歳、額はかなり広がっているが、カッコいい人だと思う。
幾つかの映画を観たが、美しいと思える男優である。






『ピウス13世 美しき異端児』 (The Young Pope)
The Young Pope2.jpg

映画ではなくドラマ、全10話。
WOWOWで放送され、録画して見た。
ふたたび、ジュード・ロウのファンになってしまった。


The Young Pope.jpg

(WOWOW が言うには)
ジュード・ロウが、若く魅惑的なローマ教皇を演じて話題となった超大作シリーズ。史上初のアメリカ人ローマ教皇に選ばれたピウス13世のミステリアスな人生を描く。



The Young Pope3.jpg

ジュード・ロウ演じる教皇はちょっとお茶目で、魅力的な人物像である。
教皇は小さな奇跡を日々起こしているのだが、誰も気づかない。
教会機構の汚濁を排除し改革に踏み切る中で、聖なる物を手に入れていく。

10回のドラマは大作だが、金もかけたであろう。
バチカンの構造が、ある程度探訪できるし、面白い観光も出来た。
知らない世界の政治と癒着も、人間的で面白かった。


The Young Pope6.jpg

吹き替え版しか放送されなかったが、教皇は甘く優しい声で吹き替えられていた。
ある意味で、聖職者たちが自分の弱さと欲に負けていく姿は納得できる。
人間の弱さに対峙する教皇のドラマとして、私ひとりが楽しんだ。

・ピウス13世/レニー・ベラルド : ジュード・ロウ
・シスター・メアリー : ダイアン・キートン
・ヴォイエッロ枢機卿 : シルヴィオ・オルランド
・グティエレス : ハビエル・カマラ




おでこん.jpg
(八重洲南口/6月16日)

八重洲駅のポースターを見て、ジュード・ロウはカッコイイと思った。
額が広がっていてもカッコイイと思った。
そう思って自撮りをしてみたのだが、半分以下のサンド・ロウくらいか、オレ。


この額の中で考えていること。
大阪遠征の旅費を捻出せねばならない。
限られた、残された時間を、埋めてやらないとな。

世は夏休み間近、旅費も高騰している。
あと1週間、あの手この手と考えてみよう。
まずは都議選を終えて、風が吹くのか見極めてから。




ファイト!