So-net無料ブログ作成

花を求めて千里丘   [旅]





薔薇の花が見たい
その素朴な台詞は、まだ咲いてるねん、という母の根拠のない自信からだった。
調べてみたけれど薔薇はもう終わっている。


太陽の父さん.JPG

1週間前にピークは過ぎており、見頃はとっくに終了。
他の花も咲いていそうな公園を訪れることにした。
47年前と45年前に行った記憶がある。




尾形光琳降臨.JPG

記憶も降臨、ただ、太陽の塔以外は、記憶に残るものは消えていた。
妻も小学生時代に、家族で来たという万博。
また大阪は万博に立候補するらしく、好きなんだね。




あたい薔薇族.JPG

薔薇はほとんどアウトだったが、ハイキーで誤魔化し、母ちゃんゴメン。
それでも、数枚の薔薇に、やぁ咲いとった、キレイな、良かった。
暑かったし歩き過ぎてしんどかったから、喜んでもらえて、うれし。




おお夏場.JPG

薔薇が終わり、蓮も終わり。
季節は紫陽花と、菖蒲へ移行していた。
少なく見積もっても10種類以上の菖蒲が、咲いていた。




夏が来たかな.JPG

初夏到来に似合うのは、白い花だと思っていた。
万博に私を誘った年上のお姉さんは、既に、古来稀なり。
万博公園に誘った年下の女の子も、還暦。

枯れた花を見るつらさは、公園には似合わない。
むかし、両親が万博に行って感激してたのは、日本庭園だった。
初めて入ったオレ、丘の方へ歩くとカラスの巣窟で、引き返した。

立ちくらみの連続攻撃に、老いを感じた昨日。
熱中症にならないように、アルコールは飲まない。
連日の2万歩超えは、足腰に響くが、親孝行のまねごとだ。

昔は長男が、おんぶして、山に連れて行ったわけで。
それよりは写真を撮って歩く労の方が、精神的には良い。
さて、さて、自己満足は自己満足か。




ファイト!