So-net無料ブログ作成

春よ、   [日常]





うららかな日差しに誘われて、自転車に乗る。
そよ吹く風に温かさを感じながら、春を探す。
昨日もまた、川原の土手を、走る。



DSC04165.JPG

ふと、こんなものを道路脇に見つける。
春を感知しようというのだろうか。
誰が、いったい、何のために。


DSC04169.JPG

隠れん坊しましょ。
いまダメよ、じーっと、そーっと、待っててね。
まーだだよ。


DSC04046.JPG

「春の全国交通安全運動」は土曜で終了。
でもまだ、春の待機圏に突入したばかりの札幌は、ケイゾク。
無謀な連中を取り締まって下さい。





DSC04220.JPG

枯れかけたツクシが1本、終わろうとしていた。
それでも空は青空、春は近づいてきたようである。
無性に寂しいのは、風が吹くからかもしれない。


春よ 遠き春よ まぶた閉じればそこに
愛をくれし君の なつかしき声がする
          (「春よ、来い」 松任谷由実)




ファイト!