So-net無料ブログ作成
検索選択

疑問   [旅]





明治村でのこと。
聖ザビエル天主堂にて、長女と席に着いて、キレイやなぁーとステンドグラス越しに漏れてくる光と戯れ、あれこれの偶像を写していたら、前の席にいたオバサンが振り向いた。 「生きてるだけで迷惑だ」と言われるオレだから、なんぞ注意されるのかと思ったら、違った。

ステンドグラス.JPG

どこから来られたのですか、札幌ですとオレ、東京ですと長女。
それだけのことだったが、立ち去ってからまた戻って来て曰く。
大明寺聖パウロ教会堂の聖母マリア様が美しいと。

宗教勧誘だったらイヤだなと思いながらも、そもそもここは、博物館。 明治期の建物を壊さないで残そうと移転させたもので、建物はあっても宗教法人は帯同していないはず。 しかも、マリア様って、宗教色も濃く、偶像崇拝ではないか。 それとも、マリア様という美術工芸品なのだろうか。



DSC03729.JPG

明治村の注釈によると、長崎県西彼杵郡伊王島からやってきた大明寺聖パウロ教会堂は、「内部こそゴシック様式だが、外観は、鐘楼を除けば、普通の農家の姿に過ぎず、いまだキリスト教禁制の影響を色濃く残している。」と言う。

「ルルドの洞窟」を模して、洞窟で聖母マリアが出現するという奇跡を再現しているのだけど、なんだか、ありがたい気分になってくる。 敬虔なオッチャン、信仰を深めそうな気分になってしまった。 しかも、隠れ伴天連のような気分で。 この宗教に関しては沈黙、かな。

建物は崇拝の対象ではなく、建築様式のみ学ぶ。
といいながら、世界平和をいつものように願っているボクだった。




ファイト!