So-net無料ブログ作成
検索選択

『夏彦の写真コラム』   [読書 本]





「人生は、じつは自分の外にある。 人生もなにもかも、すべて自分の内側にある、と思っている人がじつに多い。 したがって、うまくいかない人生が、じつに多い」 (片岡義男)






『夏彦の写真コラム』 山本夏彦・藤原正彦/新潮文庫 (平成16年 3月 1日 発行)
DSC03134.JPG


週間新潮に23年間連載された名物コラムの極上エッセンスと唱われている。 この方の、芯がある、硬派の辛口ホンネが昔から好きだった。 近ごろの子は、こういうのは読まなくなったんだろうな。 だから、噛み合うわけがない。 勝手に老いていくしかない。



p24 「潔白なのは残念なこと」
 大きな声では言えないが、私は袖の下またワイロに近いものは必要だと思っている。 世間の潤滑油だと思っている。 人は潔白であることを余儀なくされると意地悪になる。 また正義漢になる。 下級官吏が意地悪だったり、新聞記者が正義を振り回しすぎるのは、彼らにワイロをおくる人も、またくれる人もいないせいである。

 だから中元と歳暮があるのだなと、私は思っている。 この時に持参すればおかしくない。 すこし金目のものでも、それは歳暮であって袖の下ではないと、思い思われることができて、古人は何とうまいことを考えたのだろうと、私は感心するのである。


p28 「やっと中流になったのに」
 羨望嫉妬こそ民主主義の基礎である。 まなじりを決して、以前は思いもよらなかったことまでねたんで呪って、心の安まる日がないのが、我ら中流である。 20万円の月給取りは、ン十万円の医師の収入を許すことができなくて、正義を持ち出して、その正義が嫉妬の変身したものだと思わなくなった。 それを指摘すると怒るようになった。

 醜いことは他人の生活をうらやむこと、尊いことは奉仕して恩に着せぬこと、素晴らしいことは感謝の念を忘れぬこと。 ― と私が言っても信じないなら、福沢諭吉が言っている。





DSC02723.JPG


正義が多すぎて、テレビが暑苦しい。
貝殻になって、ぼんやりする。
人の不倫なんて、勘ぐるヤツがゲス。
昔から、DNAに織り込み済みだから仕方がないのさ。




guard.jpg

ライフ・ガードとか、ライフ・セーバーと言った。
オレたちガードは、なんて思い上がっていた。
毎日、厳しい訓練はあったけど。
浜辺で寝転んでると、ナンパ中と勘違いされるので、しない。

ノンビリ生きていたんだと、今にして思う。
公務員になってから変になったのかな。



ミステリー・ツアー顛末記はあしたのことaru。





ファイト!