So-net無料ブログ作成

カワセミくん   [旅]





行ったことも、行くこともなかった水元公園。
そんな場所に行くなんて思いもしなかった。
ブログで見るだけのカワセミを、初めて見た。
そこに居た記憶を、写真が焼き付けていた。



2KD41568.jpg

昨日2kさんから連絡があった。
私が「写した」写真を圧縮して送ってくれた。
かなりの重さで、送る側は苦労したようだ。
こういう懇切丁寧な優しさには感謝である。



2KD41594.jpg

木に止まっているカワセミは撮れますね。
実際、コンデジでも撮れました。
しかし、飛ぶところは予想が付きません。
連写、惜しみながら失敗の連続、連写。



2KD41611.jpg

追いきれるものではありません。
カメラをセットして貰っていて、押すだけ。
ただ追尾フォーカスの活躍で、まぐれ発生。
まぐれでも写っていると、ゾクゾクしますね。



2KD41628.jpg

おそらくお江戸にいたらハマってしまうね。
まぐれで拾った「瞬間」が、永遠のように。
少しぐらいピントが合わなくても、嬉しい。
始めたら突き詰めていく世界だなと思った。



Y2K_9992.jpg

鹿児島、東京、ドイツ、札幌。 バラバラに住む家族のためのブログだった。 パリに旅立つ長女がきっかけで始めたのだった。そうやって来て、5年かな、6年かな。ただ、家族内だけのつもりで始めたブログだった。

しかし、上辺だけの接点だと思っていた「外界」と、接触する機会が増えてきた。読んでいて、あるいは写真を見ていて、あるいはコメントの反応を見ていて、波長の合いそうな人がいて、会って話したいと思うようになり始めていた。この年になって出会いがあって、友だちができるなんて、不思議な世界だと思う。

誘われて、ただボンヤリと、強風の中、椅子に座って、カワセミの登場を待ちながら、ずっと話をしていて、人が通り過ぎていき、腹が減って食事に出かけ、意外に好きな土砂降りの雨に見舞われ、アパートまで帰ってタオルを借りて、じゃあねって別れた。

暫くすると、本当のことだったよ、と言うように、写真が送られてきた。 そしてまた、こういう、幸せな時間を共有できたら面白いって、思っている。 実に、実にフシギだと思っている。




ファイト!