So-net無料ブログ作成

不安だ再び   [味]




認知症ふたたび
宮崎で起きた軽自動車暴走事故、昨日もあれこれ考えて暗く不安になった。幸いにして私の運転免許証はゴールドで、平成30年のいま時分まで有効である。そしてこれを最後に更新しないでおくことに決めた。おそらく北海道には住んでいないだろうから、車も必要はなかろうということだ。

身内の、認知症の世話をする方々の、苛立ちが少し理解できる。大変だなと思いながらも、自分がそうなるのは怖いなと思うし、家族に迷惑をかけたくもない。そうすると自分が認知症にならないことを祈りながらも、どこかで自分に人生を区切る必要もあるのかなどと考えて、あれこれ不安を感じていた。

ひとりでいると宜しくない。昨夕、東京遠征から妻と次女が帰ってきて、やっと、この事件の話を共有し、不安だったんだよと、そうそう私もと、安寧を得たりしている。情けない話だ。






だから甘い話を考える ふたたび
DSC00020.JPGDSC00014.JPG

家族と帯広に遠征するときは「マイスプーン」と「使い捨ておしぼり」を持参する。
帯広は大牧場地帯なので、ソフトクリームが濃厚に美味しく、店ごとに自慢の味を提供する。
娘たちは1日に10個くらい食べてしまうが、おじさんにはキツく、マイスプーン持参である。



DSC09975.JPGDSC09966.JPG

ひとすくいが、ほどよく、ちょうど美味いのである。
美味、美味と、マイスプーンで食す。
娘たちは別の味を買い、交換して味見をするのだが、マイスプーンも当然参加する、ひとすくい。



DSC06166 (2).JPGDSC06166.JPG

始めは妻も遠慮がちに、マイスプーン組であった。
しかしそのうち、「別腹論」を展開し、マイスプーン組から離脱してしまった。



DSC09977.JPGDSC09978.JPG

帯広の素晴らしさは大牧場地帯であり、大穀倉地帯でもあり、あずきが良質なのだった。
そうすると、洋菓子が美味しいだけではなく、和菓子も上品で美味しいのであった。
ハイエナ状態になって、娘たちは、堪能するのである。
おじさんは、一切れだけ、少しだけ、参加。



DSC09982.JPGDSC09984.JPG

大穀倉地帯を擁しているのだから、現地の加工菓子の美味さは、絶品である。
一つ一つは、ひとつでしかないけれど、全てを一つとなるから、もの凄い量になるのだった。
取捨選択に長考、女性とのスィーツの旅には、ただ忍耐が求められる。


現在、わたしの不安解消には、甘いものの話と、甘い物しかないのでした。
・・・私より、C国の首脳部こそ、認知症問題を恐怖するのではないかしら。


週末は食べまくって、不安解消だ。



ファイト!





不安だ   [味]




認知症
事故の2日前まで入院(2015年10月29日)
28日に宮崎市中心部で発生した軽乗用車の暴走事故について、事故の加害者となった73歳の男性が認知症の治療を受けていて、事故の2日前まで入院していたことが分かった。この事故は歩道上を約700メートル暴走し、歩行者ら男女7人が死傷する事故。認知機能が低下している状態では、運転に必要な判断力や方向感覚が低下している可能性があり、運転は非常に危険だ。少しでも不安がある場合、医師に相談をすることが肝要だ。
この事故のニュースはショックだった。
よく聞く高速道路の逆走事件も、認知症の方が起こしていることが多いという。
被害者は怒りのやり場のない無念さだが、加害書の身内もたまったものじゃない。


10年後には2012年の約1.5倍に増加する見込み(2015年1月9日)
厚生労働省は7日、全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表した。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となる。
関連して、やがて5人に1人が罹患するという話にも恐怖している。
自分の身内を見回してみると、「5人に1人」もあながち見当違いではない数字になる。
そんなことを思いながら、昨日はウンザリしていた。・・・やれやれだぜ。




だから甘い話を考える
DSC06272.JPGDSC06274.JPG
帯広のインターチェンジ近くに柳月の工場併設店舗があり、かなりの大きさである。
観光バスが横付けする規模だが、乗用車の訪問も多い。
イートインもあり、買って「試食」をするのも楽しみだ。


DSC00016.JPGDSC00017.JPG
朝一番に並べば、三方六(さんぽうろく=バームクーヘン風)の切り落としが買える。
この嬉しさは、1㎏が500円だということで、大人気で、お年寄りが並ぶらしい。
切り落とし(ヘタ or ミミ)と言っても、十分に美味しいのであるから、格安の1㎏だ。

日頃の行いが良いと、午後に訪問しても、こうやって手に入れることが出来る。美味、美味。
甘い物を食べたり、甘い物のことを考えると、少しだけ暗い雰囲気が霞んでいく。
だから、政情不安が続くと私は甘い物地獄へと突き進んでいく。




ファイト!




季節の終わり   [@真いか]




次女の競技生活はほぼ終わろうとしている。

本当はもうとっくに終わっていたのかも知れないけれど、吹っ切れることが出来ず、いわゆる大学卒業後にも夢をつないだのだった。選択の善し悪しなどなくて、自分の意志で、選んだかどうかだけだと思う。みんなと同じような生き方を選ばなかっただけだ。

次女には、大学の先輩の言葉を贈りたい。

132114245161013121585_RIMG0665.JPG






残る大会はあと一つ。
来月の半ばに札幌で行われる小さな大会、それが次女の最後の大会となる。


DSC00508.JPG

妻(ハハ)=平凡なタイム。最初で最後のワールドカップ終了。

夫(チチ)=ま、そんなもん。寂しい気はするが次の方が長い人生。世界で戦わせたかったけど仕方ない。三女は、世界で戦って7位。次女は、塗り替えられたが日本高校記録を持った。


妻(ハハ)=そうだね。選手のタイムに凄くむらがあって、5秒でも遅さは目立たなかったし、気持ち良く、一生懸命ノンビリ泳いでいるって感じでした。


夫(チチ)=100mではなく、よりによって200mだから、しんどかっただろうな。次に向けて明日の準備だ。次だ次、世界の次女が終わるのは寂しいが、花嫁修業もある。



DSC05804.JPG

次女=こっちはとにかく暑い。夏日だからね。雪が降って寒かったのが嘘のようで・・・。長水路(50mプール)の200mは、インカレでチームのために泳ぐのは苦じゃなかったし、800mリレーは好きだったけど、だんだんやっぱり苦手な長水路の200mは、長くて。



DSC05847.JPG

次女=最後までよく粘ったね、って色々な人に言われたけど、もう一生、長水路の200mは泳がないから!と思って最後は必死に泳いだ。確かにタイムを見れば遅いけど、やり切った感はあるかな。明日は面接。前へ、次っ!



無題-スキャンされた画像-94.jpg

次女=私はたいやきが食べたくて、クリームも買ったはずなのに食べてみたら全部あんこ。買ってすぐにクリームを食べ始めたから、言いに行ってクリームをもらいに。そのあんこはあげるから、ってなんだかたくさんたいやき。





一方通行の人生。良い思い出を残しているさ。



 前へ



ファイト




いつか見た   [新聞から]




「阪急梅田駅と大阪駅を結ぶ歩道橋にある換気口と阪急の観覧車」です。
先日、叔父貴宅に向かう際、福知山線が不通で阪急を利用した、そのときの驚きの景色でした。

DSC06926.JPG


わたしにはユーモアとしか思えない景色で、人の流れの中で立ち止まって写してしまいました。
別にどうと言うことはないのですが、変わった景色だなと思ったわけです。
それは、面白いというニュアンスで、眺めておりました。






DSC06403.JPG


20年間も、もしかすると冤罪で刑務所に入れられていた「夫婦」が釈放されました。
どうもこの動きに違和感を感じますが、お二人のコメントの落ち着きに驚いています。
おそらく、人生のいちばん脂っこい部分を奪われているにもかかわらず、静かなコメントでした。

大阪府警と聞き、在日に対する偏見があったのではないかと思う、自白主義。
取り調べの可視化、それこそ人権問題だと思うのですが、何とかならないのかしら。
お金を盗まれるのはイヤだけど、人生の時間を盗まれるのはもっとイヤですよ。

しかも我が子を殺したという汚名まで冠せられるのですから。理不尽の極みです。
おそらく脅迫的に取り調べをした「正義の味方」は、出てきてコメントしないのかな。
内縁であろうとも「夫婦」の20年間が、塀の中なんて、しかもその家族の悲惨な境遇も。


なんだか一方通行の人生を、遅刻しないでしっかり生きるぞ。
そんなことを思う。



ファイト!





当たる人   [ひと]




引退後に読書家を始め、図書館を良き友にしている。
さらに、経済の勉強が出来そうな番組を録画して、学生時代のようにメモを取りながら見ている。
倍速でチェックしているので、量をこなせるが、欲張り生活の時間が不足する。


DSC06926.JPG

時間が不足すると、歩く時間が減り、おのずと効率を求めてしまう。
そこで天皇皇后両陛下を真似て、スロージョギングを始めた。
颯爽と駈けることがなく見た目はショボいけれど、大きな筋肉を使う実感がある。

ウォーキングより圧倒的に老人向けかなと、日課に採用した。






DSC07422.JPG

7月に長女、次女、わたしの3人で、鎌倉パスタに行った。
メインのスパゲティーよりも焼きたてのパンが美味しくて、食べ放題してしまう店。
そのとき、アンケートに答えていて、忘れたころに葉書が届いた。

わたしと長女は、500円のクーポン券2枚付きの葉書である。
次女だけ、「プレミアム賞」と書いてあり、2300円のコース食事券が当たっていた。
ますます年末に期待してしまうが、あえて、「買ったことを忘れた」ふりをしたいと思う。


ファイト!




ひとつの季節が終わる   [子育て]




次女の泳ぎを見に行った。
いつになく塩素臭のきつい館内だった。
50m種目で、ちびっ子たちの参加数が多いからであろう。


DSC06885.JPG

ボランティアに近い競技役員、人手不足が見られる。
高校生や大学生が「役員」として仕事をしていた。





DSC06930.JPG

見慣れた彼女の「ルーティーン」は、いつものように静かである。
静かに、淡々と、お行儀良く、端正に振る舞っている。
結果は、平凡な、ただ、それでも少しだけレースを楽しんだのではないだろうか。





DSC07414.JPG

外に出ると、車には雪がかぶっていた。
暑い館内から、冷たい外の落差は激しかった。
こうして冬になるのだろう。

次女が競技者としての大会はあと2つ。
ひとつの季節が終わろうとしている。





DSC07417.JPG

雪が降っても、まだ枯れずにいる葉っぱは、凜としているだろうか。
場内がどよめくタイムはもう出せないが、しっかりと最後の泳ぎを見届ける。
そうしてオレの自立が始まる、父親のふしぎだ。



ファイト!




ユニオンジャックの矢   [ことば]




1週間、習近平の訪米と訪英に関してコメントするニュース番組が多かった。
悪意とまでは言わないが、地上波の多くのニュース解説では、英国の姿勢をなじっていた。
論点は、人権(チベット)問題を無視して迎合する英国、というものであった。

しかし、一つのマトモな番組が、面白い視点を提示していた。
23日(金)放送の『報道ライブ21 現代ビジネス講座/世界を知る力(寺島実郎)』である。
そこでは「ユニオンジャックの矢と大中華圏ネットワーク」の深い意味が語られた。

DSC07412.JPG

世界の中心である大英帝国から見れば、「TPP」なんぞに先を越されていてはいけない。
常に、商売商売。もしくは、商売繁盛ササ持ってこい、である。

英国圏をユニオンジャックの矢が貫いている。
   ・ロンドン=金融センター
   ・ドバイ(中東)=金融センター
   ・バンガロール(インド)=IT大国化する
   ・シンガポール=大中華圏の南端
   ・シドニー(豪州)=資源大国化する
イギリス連邦加盟国 53カ国

英語を共有し文化を共有する影響力が大きい
隠然たる影響力を持つ英国。
ひたひたと英中関係は深まっているということを念頭に置いておかねばならない。

英中関係の根深さは・・・
 1949年、中華人民共和国成立その直後から英国は承認
 2015年3月、英国はいち早くAIIB参加を表明
 2015年10月、習近平訪英=総額7.4兆円の契約(エネルギーと高速鉄道)

img_map_05.jpg

英国が使う世界地図の視点で見ると、違った世界観があるのだった。
中国の「一帯一路」の方針と、「ユニオンジャックの矢」は見事にマッチしている。
大英帝国を復活させるのか、あるいは世界に皇帝一人の中国には、日本なんて蚊帳の外。





ind_kv.jpg
seihin_kv_tit.jpg
award_seihin_a_tit.jpg


seihin_a_bg.jpgseihin_a_senryu.jpg


花王の川柳を見て次女曰く、「これ三女だよ」、と。
鹿児島に住む20代の女性で、ペンネーム「いぬねこ」から見抜いたようである。
そう言えば三女は犬が大好きで、猫にも好かれている。そして勝負好き、むむむぅー。



ファイト!




豊平峡温泉   [温泉]




高気圧に覆われて快晴が続いた北海道である。
晩秋の紅葉は、散り残った侘びしさの中、人出の少なさが期待できた。

平日の温泉を楽しむ老人デビュー戦を兼ねて、ドライブに妻を誘う。
ただ、8歳下の妻に「婆さんや」と言うには失礼だから、デビュー戦の対象は私だけ。

01DSC06534.JPG02DSC06451.JPG

目的地まで真っ直ぐに暴走してしまう私は助手席に座り、運転は妻に任せた。
定山渓温泉から脇に入って、山道を登る1時間半のドライブだった。
駐車場から豊平峡(ほうへいきょう)ダムへはバス(電気自動車)での往復だった。




03DSC06559.JPG

黒四ダムを経験してしまっているのでミニサイズに見えるけれど、景色は良かった。
C国の方がたくさん来られており、絶対に近づかないが、お金使ってねと期待した。




04DSC06520.JPG05DSC06522.JPG

ダムの散歩で見えた「もの」が、妻と相談しても理解不能だった。
結局は、何かを投げて当てて遊ぶのかなと、勝手なことを言って、話題を放置した。




06DSC06494.JPG

それよりもと、話題を変えた。ほら、あそこにスキーをしている人がいる。あ、ホントだ。
ずっと昔もこんな会話をしていたような気がする。




07DSC06462.JPG08DSC06571.JPG

豊平峡温泉は良い心地の温泉だった。露天風呂につかりながら、ずっと空を見上げていた。
ぼんやりと空を見上げ、源泉に近づいたり離れたりしながら、2時間近く露天風呂にいた。




DSC07394.JPGDSC07403.JPG

ランチは、なぜか知らないがこの温泉の名物、カレーを食べることになる。
平日にもかかわらず、しかも2時過ぎの食事にしたのに、長い列で順番待ちだった。

おそらくパキスタンの方が5名ほど働いていらっしゃる。
核保有国だから逆らわないけれど、中からピースをするほどの平和的姿勢の方だった。




DSC06618.JPGDSC06636.JPG

帰りも助手席の私は、ずっと空を見上げていた。
妻が「事故」、と言うので空に向けていたレンズを右に振った。
どうして真横になっているのか、考えても分からないから、また空を見上げることにした。





DSC07408.JPGDSC07407.JPG

次女の誕生日と言うことで妻が、甘さ控えめのあずきケーキを作った。
練りあずきが余ったというので、上に文字を書いて貰った。嬉しかった。

ただ空を見上げているだけの露天風呂は、実に久しぶりであることに気づいた。
上々の老人デビュー戦であったように感じている。



ファイト!





『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニス』   [映画]




先月WOWOW 放送の映画を、本日未明、星に誘われて、楽しむことにした。



『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニス』 (The Devil's Violinist)
poster2.jpg


解説に言うとおり、演奏が本物だったので、良い作品になっていたと思う。
欧米を中心に絶大な人気を誇るドイツ人バイオリニスト、デビッド・ギャレットが主人公パガニーニ役でスクリーンデビューを飾り、名器ストラディバリウスで名曲の数々を奏でた。


まあ、基本的に「天才」は即興にこそ魅力があり、凡人から見れば、ふしだらな生活に映るのだろう。自堕落な日日を、我々も若い時分にはするけれど、年を追うごとに人は常識を身にまとっていく。どんなに野蛮な「オレ」ですら、凡人であるが故に老いて、輝きもない、品行方正な日日に満足をし始める。そして、それでいい。

しかし、天才が天才であり続けるためには、破滅への道も仕方がないのかも知れない。死んでなお、教会が墓地への埋葬を許可しないほど、嫌われた悪魔、ロックンロールだぜ。思い上がっていた若さの頃を、少しだけ思い出して、楽しんだのだった。

完全サントラ盤ではないけれど、図書館にCDがあった。主人公役のデビッド・ギャレットが演奏したCD『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニス』。予約は4人待ちだから、来月中には手に入り、聞くことが出来るだろう。もちろんロックとして聴くのさ。







15年前の写真だが、次女は8歳と9ヶ月、三女は5歳と7ヶ月。・・・おうじどうぶつえん
二人で新千歳空港を出発し、二人で大冒険の旅、大阪と宝塚遠征の時だ。

2.jpg

聡明さを見せ始めた頃だが、まだまだ水泳も、メダカでしかなかった頃だ。
ここが王子動物園であることなど、私も全く知らなかった。



DSC07199.JPG

15年が経った。
横尾忠則近代美術館を出て少し歩くと、塀の外から見えたD51。
こんな場所にあったんだと、確認した。



DSC07200.JPGDSC07203.JPG

今日は若奥様・次女の誕生日である。

ボロボロのタイムが現状だが、この1週間で2つの大会がある。彼女が、もうこれで終わりにしようと思った3つのうち2つの大会が、もうすぐ終わる。だから相変わらず節制していて、厳しい食事制限を加えている。だから、でかいケーキの予約もしなかった。

朝食を終えたとき、娘に30分ほど語った。オレの頭の中にあるモノをプレゼントした。すがすがしい笑顔で聞いていた。時々、ちゃんと 笑える話を入れながら、プレゼントだ。良い時間を過ごそう。



ファイト!




燃える   [考え方]




急に寒くなったと感じている。
今週末にかけて更に気温は低下し、最高気温8℃が予報である。
哀愁の晩秋であろうか。


DSC07236.JPG


気がつけば、ひと夏お世話になったプールの屋根も外されていた。
本州ではあり得ないことだが水温を維持するために、温室状態を作る。そして、
8月いっぱいで水泳の季節は終わり、雪の重さで壊れないよう、屋根が外される。






DSC07290.JPGDSC07307.JPG


赤く色づく紅葉も終盤を迎えたようだ。
我が庭の北大も、こころなしか落葉が進んでいる。






DSC07310.JPG


すでに後期が始まっており、よく遊ぶ学生の数も減っている。
世界と伍するためにも、学生諸君には大いに勉学して貰いたい。
還暦を過ぎたおっさんも、10万時間を持てあますことなく、大いに勉強する。






DSC07317.JPG


Boys, be ambitious ! ・・・like an old man.








DSC07373.JPG

若奥様またまたご当選。
年末ジャンボに残しておきたい時の運、運、運、運。



ファイト!