So-net無料ブログ作成

樫舎(かしや)/奈良   [味]





母の告別式を終えて、長女を除く家族4人で食事をし、三女は夜行バスで筑波に帰り、残る3人は今宮に宿泊した。 翌日、墓参りに行くためだが、気落ちしているであろう父を、次女がスイーツの旅で癒してくれるという。 こういう細かい気遣いは嬉しいのだけど、・・・やっぱり嬉しい。





DSC00142.JPG


鹿たちですら日陰を探して避難する暑さ。
興福寺の境内を突っ切り、行くお目当ては、樫舎(かしや)。
和菓子のコースを予約してくれていた。



DSC00150.JPG


人気の店のようで、予約していない人は、暑い中を待っていた。
この店に関しては、1月にテレビで見て、面白そうな店だと思っていた。
次女は、父の片言隻語を聞き漏らさないでチェックしていたようである。




DSC00165.JPG


カウンター席で7人。
次女、妻、私、他のカップル4人。
およそ1時間あまり、和菓子を作りながらのトーク・ショーでもある。




DSC00162.JPG


飲み物も、和菓子に合わせて変化させている。
それぞれの器も、歴史があり、説明される。
話が面白いし。




DSC00194.JPG


和菓子職人は、味を作っているのではありません。
食感を作っているのです。
だから、素材が全てで、素材をどう見つけてくるかです。




DSC00195.JPG


ケニア産の珈琲は美味しかった。
くずやき、向こうが透かして見えるのでした。
目の前で、彼らの道具を見せ、説明しながら作るライブショー。




DSC00207.JPG


最後がこの自信の鯛もなか。
TVで見たときは、賞味期限60秒と、刺激された。
ここに至るまでの話と実演があって、やっと食す。

あっさりと上品な甘さに、野蛮なオレも、うっとり。
美味い、実に美味い、しかし、小さい。
お金を払って和菓子を「体験」する価値を感じた。




DSC00211.JPG


馬上で酒を飲む杯とかで、ほうじ茶を飲む。
下の穴に紐を通して腰にぶらさげたらしい。
かなりこだわりを持った大将だが、信念と自信の人かな。



次女のこうした旅企画も嬉しいけれど、いちばん嬉しかったのは、目の前で和菓子が作られていく様を、目を輝かせて見ている娘の顔が、私にはいちばん嬉しかった。 妻も、大いに喜んでいた。 いいトシをしてウジウジしてみっともないけれど、娘が目を輝かせているスイーツの旅が、オレをいちばん癒してくれる。


良いことばかりが続くことはないと、既に大人になって知っている。 しかしまた、きっと良い日があると信じるチカラも身についている。 「それでええねん」と、教えてくれた人がいた。 だから今日も、四十九日が終わるまで、ありがとうなんだ。




ファイト!







ファイト!(142)  コメント(15) 

ファイト! 142

コメント 15

REE

すみません。
宜しくお願い致します。
理由は明日の記事に載せます。
by REE (2017-09-14 06:06) 

てんてん

遅くなって申し訳ございません。
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
by てんてん (2017-09-14 06:36) 

hatumi30331

娘さんたちの心遣い・・・嬉しいね。
甘いモノは、頭と心を癒してくれます。^^
来月のオフ会は、盛上がりそうですね。^^
さて?どうなるかな?^^

ホテルは、増えてます。
かなり増えてます。
プリンスは人気です。 駅員さんも毎回宿泊してますよ。
by hatumi30331 (2017-09-14 07:05) 

ちょろっとぶぅ

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
お疲れ出てませんように。。。
by ちょろっとぶぅ (2017-09-14 07:47) 

侘び助

素適なお嬢さんをお持ちのtommy88お父さん♡
和菓子好きでもそんな贅沢な時間を持ったことのない私^^
by 侘び助 (2017-09-14 08:57) 

あるいる

店主がゴタクを並べたりウンチクを語ったり、これはレモンでこれはどこそこの塩でこれは特製マヨネーズで召し上がってくださいとうるさい飲食店もありますが、好きなように食べさてや、ちょっとは黙っといてやと帰りたくなる店に何度か遭遇したコトがあります。
僕、なんか悪いコトしたんやろか?
食いもんは美味かったらそれでエエねん。
見た目が美味そうだったらもっとエエねん。
菓子作りをじっくりと見せながらエンタテイメントにまでshow upされた和菓子屋さんで和菓子と飲み物をいただくというのは面白そうです。
奈良の「樫舎」さん、メモさせていただきました。
最中も美味そうですが、くずやきの食感とほんのりとした甘みがありそうな雰囲気に惹かれます。
くずやきと珈琲。
うまそうです。
次女さんに感謝、です。

by あるいる (2017-09-14 15:30) 

Take-Zee

こんばんは!
和菓子でくつろぎの時間。。
いいかも知れませんね。

by Take-Zee (2017-09-14 18:02) 

hirometai

tommy様
こんばんは
お母様のご逝去を本日のメールで知りました。
ご冥福をを祈りいたします。
これから、だんだん寂しくなると思いますが、どうぞ、お身体にお気を付け下さい。
ご家族の暖かい心遣いが嬉しいですね。
自分は18歳の時に母を心臓まひで亡くしていますので、tommyさんのように看病をしてあげることもできませんでした。
お母様の写真のお顔は穏やかな温かな人柄が溢れていますね。
tommyさんはお幸せですね。
ご冥福をお祈りいたします。
by hirometai (2017-09-14 19:01) 

ヨッシーパパ

なかなか、珍しい和菓子のコース、目の前で造っている様子を眺めながら、食べられるのは、楽しそうです。
by ヨッシーパパ (2017-09-14 19:09) 

JUNKO

随分と美味しいものを食べていますね。少々羨ましいです。
by JUNKO (2017-09-14 21:09) 

KOME

すごいうまそう。
鹿の目がうつろになっています。
by KOME (2017-09-14 21:42) 

snow

お母様の心が先生にそして娘さんに
リレーされてます
優しい娘さん 素晴らしい!


by snow (2017-09-14 22:43) 

yukio

so-netブログにおいては、もうお別れかもしれません。
記事更新、不能になっています。
最後になるかもしれない記事、お読みになっていただけるとありがたく思います。
by yukio (2017-09-15 02:08) 

tommy88

実はね、先月、おふくろを亡くして、考えようでは大往生なんだけど、喪失感があって何もする気になれなくて、ブログも辞めちゃうかなって思ってました。札幌に帰ってきても暫く、電脳空間からは遠ざかっていました。でも、自分の何かが消えてしまうようで、暫くぶりに始めることにしました。うまく言えませんが、辞めてしまわなくて良かったなと思っています。「呼吸みたい」とまでは言わないけれど、朝起きて、チェックする、書き込む、あるいは投稿する、そういう作業を持っていればこそ、自分の脳味噌は、時に怒りもあるけれど、機能している実感があります。実生活では、時々、知人にハガキを出したり、肉親に写真ハガキを出したりして、生活の味付けにしています。それがブログでは、すぐさま反映されて、面白いなと思います。今年は2月に2kさんに会い、7月にはサトちゃんさんの写真展に行き、なぜか会うことになってしまいました。彼は重篤な癌で入院しておりましたが、そしてご自身の生存確率まで書き込まれていましたが、奇跡的に復活され、会ったときは、また飲んでるねんと言ってましたし、元気そうで、嬉しくて泣きそうになりました。10月には四十九日で大阪に帰りますが、前前泊を付けた方が安いので、妻より一日早く泉佐野で宿泊です。 で、823さんや、裏・市長さんと会うことになるのだと思います。東京、大阪、大阪と、全く見ず知らずの人たちと、接点を持ち接触をする、不思議な空間がこのソネブロだと感じています。つながり、それに尽きるのかな。そういう場所があればこそ、「会えるかも知れない」と、小さな希望を持てたりもします。例えばJUNKO さんも見ず知らずなのに、この春、近所の土手でカメラを携えている女性に「ジュンコさん」って声をかけたら、遭遇しちゃいました。一日中、うきうきしました。そして、昨日あたりのJUNKO さんの記事で血液検査の話があり、ちょっと心配もしています。 言いたいことは何かというと、ささやかであっても、私たちは、つながっているのかなと思うのです。うまく言えないけれど、そういうことです。また新しい出会いもあるのだと、楽しみを持っています。


by tommy88 (2017-09-15 12:24) 

あとりえSAKANA

[馬上で酒を飲む杯]などが
赤膚焼きと言いまして、我が家の近くに
窯元があるんですよー。
≪和菓子は味じゃなくて食感を作っている≫
目から鱗でした。

御不幸事の後の関西来訪だったのですね。
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

by あとりえSAKANA (2017-09-19 09:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。