So-net無料ブログ作成

肺活量   [子育て]




走り回るのが好きだった。
警察車両を見ては駆けっこを挑み、ほぼ負けなかった大阪時代。
オレ、走るのは速かった。

東京で今の妻と出会い、運動能力の高い娘だと思った。
北海道に来て子どもが生まれ、絶対に運動はやらせるぞ、と思っていた。
運動には心肺機能が重要で、風呂ではいつも息を止める練習をさせた。



肺活量 ま.jpg
1997(平成9)年だと思う/公宅にて次女

夏休みに2週間あまり、家族5人でサンフランシスコへ行った。
その時のお土産がこのストローだった。
サンフランシスコ在住の義姉に貰った物だと思う。


肺活量 み.jpg

次女はひとりで勝手にグイグイ吸い込んでいたが、三女は補助が必要だった。
頑張って吸い込んだジュースは、ぐるぐる目の周りを回って口に吸い込まれていく。
吸引力を高め、肺活量に好影響を与えたものだと思う。

風呂に入ると、とにかく潜って、息を止める競争をした。
おかげで、肺活量は標準よりは鍛えられたと思う。
陸を走り回らせたかったが、結局、水泳中心になってしまったようだ。

古き良き時代だった。
なんでもが夢だったように思う。
もうすぐ水泳の日本選手権が始まるけれど、もう、よその子しか泳がない。





DSC00628.JPG

ユキヤナギに桃、菜の花が咲き、サクラ満開の名古屋だった。
花を堪能した楽しい街だったが、札幌に花は咲いていない。
春の花はまだ、仏壇か花屋さんで愛でるだけの北国、札幌。




ファイト!






ファイト!(131)  コメント(6)  トラックバック(0) 

ファイト! 131

コメント 6

hatumi30331

うちのゆらにも、たらせば良かった!
今からでも・・・・
大丈夫かな?
運動音痴なり。^^;
ついでに・・・方向も・・・DNAか?^^;
by hatumi30331 (2017-04-12 08:10) 

ゆうみ

子供たちに息を止める練習はお風呂でさせませんでしたが
学習塾に行く時間にスイミングスクールへ泳ぎの練習に通わせました。
勉強より体が丈夫が一番と信じてましたので
by ゆうみ (2017-04-12 11:04) 

あるいる

グルグルストローで遊び、風呂に潜って強くするという遊びながらの訓練が持って生まれた身体機能をますます強くして行くという好循環のようです。
きつい練習にも耐え抜き物理的な心肺機能だけではなく、おそらく精神的心肺機能や握力も強くなられていることでしょう。
肺活量の多さや握力の強さは、精神的にいろいろなものごとを飲みこんだり咀嚼したり掴みとったりすることにも繋がるものだと勝手に決めています。
幼い三女さんのカメラ視線は真剣そのものですよ。
この頃から無意識のうちに真剣に取り組むことを覚えて行かれたのかもしれませんね。
風呂に潜らせたかいがあったというものかもしれません。
今は昔。
それでも、昔に努力したことが過去の思い出にとどまらずにきちんと役立つ財産になっているように見うけられる三美女姉妹ですよ。
ママさんとパパさんの作り上げた最高傑作かもしれませんね。
なんていうと三美女姉妹から、私たちの努力もあるんだからとお叱りを受けるかもしれません。
今日も余計な一言が多いヘンなオッサンの僕でした。

by あるいる (2017-04-12 15:36) 

Take-Zee

こんばんは!
まるで星飛馬のお父つぁんみたいですね!
(笑)
by Take-Zee (2017-04-12 18:33) 

JUNKO

いいこと聞きました。肺活量を鍛えるのは大事ですね。早速孫にも・・・3歳じゃ早すぎか!婆バカもいいとこですね。
by JUNKO (2017-04-12 19:21) 

shino*

心肺機能を心配昨日と聞き間違えた人
それは私です(笑)
長距離は超苦手でしたね。
by shino* (2017-04-12 23:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0