So-net無料ブログ作成

時は過ぎて   [@Home]





自分の選んだ道の末に
今ここにいる
良い道も 悪い道もある
そしてそれを受け入れる



1996 夏 デイブんち.jpg
1996(平成8)年の夏の終わりに
新札幌のデイブんちで写したものだが、21年の時間が過ぎた。
野幌のキャンプ場でBBQをした帰り、デイブとカナちゃんを送ったのだろう。
デイブも子育て終盤、いいおっさんである。
メルボルンへ遊びに行く約束をまだ果たしていない。





DSC03780.JPG
次女様ご当選

腕っ節の強い当選力である。
「マニュアルを超えた所に感動がある」と、次女は腕を磨いている。
接客業の奥義を究めるのだろうが、当選力も磨いて貰いたい。




ファイト!






ファイト!(131)  コメント(7)  トラックバック(0) 

ファイト! 131

コメント 7

yokotee

そうですよね
今までの選択すべてが、今の自分なんですよね
考えちゃいます
by yokotee (2017-04-11 04:26) 

hatumi30331

若い! みんな若い!!^^
色んな積み重ねが、今の自分やからね。

腕っ節の強い当選力!
あやかりたい!!(笑)

そちらの桜は・・・・まだまだやね。
こっちは、雨や風で散り出してるよ。
今日の満月・・・見られるかな?
寒いから夜桜撮りに下に行くのは止めようかな?へへ;
by hatumi30331 (2017-04-11 06:47) 

Take-Zee

おはよございます!
歳月の流れは本当に早いですね・・・
もう一度娘を抱いてお散歩、息子とカブトムシ取りに
出歩きたいです。
 もう彼らも40歳にならんとしています。

by Take-Zee (2017-04-11 07:18) 

snow

yokoteeに同意。
by snow (2017-04-11 09:58) 

(。・_・。)2k

俺も同意

by (。・_・。)2k (2017-04-11 12:48) 

あるいる

こどもの頃なら「おんなのなかに男がひとり~」と野次られそうな写真ですが、一人をのぞいてみなさん笑顔です。
笑顔でないお方はTシャツに書かれたブルスの赤い牡牛が唯一の味方だったのでしょうかと、まったく関係なくあらぬ方向へ想像空想妄想です。
おそらくデイブさんが撮った写真でしょうから、男は一人でなかったハズなのに、です。
道を選ぶのはいつも二択。
なかを取って真ん中を・・・とはならないところが人生の妙です。
そんなこんな選択を続けながら思えば遠くへ来たもんだ、ですよ。
1996年の夏に2017年の4月を想像することすら出来ませんでした。
ま、なんとか生きていますからそれでよし、といたしましょう。
上見りゃキリない 下見りゃそれなり、です。
賞もなければ罰もない、ごくごく普通に歩いてきたこの道いつまで続くのか、さて。
人間稼業の奥義、極めるなんてまだまだ遠い先のようです。

by あるいる (2017-04-11 15:32) 

viviane

この年のこの夏に虫博士が産まれました
暑い暑い・・・お盆真っ最中の陣痛でした(>_<)
凄い当選力!私も昔は何でも当たってたんですが~
今は車にあたらぬ様~ウォーキング!^^
by viviane (2017-04-11 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0