So-net無料ブログ作成

ノロケたろか   [むかし噺]




        トコちゃんは安田火災改め損保ジャパンで、今も働いている。
        タカちゃんは、私に騙されて、惜しまれながら日産を退社した。
        我が魔の吸引力で、猿払原野も近い道北の、片田舎に嫁いだとさ。
        




DSC07873.JPG

        今の妻と出会った時、彼女がなぜタカちゃんと呼ばれるのか、知らなかった。
        やがて、千代の富士が好きで、魚屋さんになりたかったことを知る。
        背が高く、モデルのようなお嬢さんの気品に圧倒されながらも、嫁さんめっけ。


DSC07833.JPG

        誰もが知る、お嬢様集う女子高出身の、世間知らずは騙しやすい。
        そんなことは考えず、一途に静かに罠を張り、猛烈アタック。
        「エースをねらえ」の藤堂貴之が好きで、タカちゃんと呼ばれていると知る。


DSC07900.JPG

        マンガを読むとバカになると教育を受けてきた身には、理解できない話だった。
        姓名に「た」も「か」もなく、タカちゃんと呼ばれる由来がマンガだなんて。
        それでも「嫁さんめっけ」だから、逆らうことなく、タカちゃんと呼んでいた。


DSC07903.JPG

        ずっとタカちゃんだったけれど、三姉妹が育つにつれ、そう呼ばなくなった。
        子どもたちと一緒にママと呼ぶようになっていたが、今は私だけがママと呼ぶ。
        娘たちは最近、お母さんと呼んでいることを知り、パパとお母さんという珍妙さだ。

        「ミリバール」が「ヘクトパスカル」に変わった時のような違和感。
        妻が呼び方を変えさせた話は、次女から教わった。
        そんなことを思い出していたら、三女の列車が到着した。


DSC07908.JPG

        三女の高額奨学金は返済しなくて良いけれど、研修と中間報告の義務がある。
        関西と四国遠征の旅費も出してくれるのだから、人材育成の思いが伝わる。
        さて、三女を待ち受ける晩ご飯には、「鶏肉ときのこのとろみ炒め」である。

        三女の要望で、妻がおでんを作っている。
        オイスター風味の炊き込み鶏飯は、ちょっと失敗。
        ポテトサラダは上手く作れず、1勝1敗1引き分けである。

        やっと日ハムのマジックは「5」だが、油断は出来ない。




ファイト!





ファイト!(171)  コメント(5)  トラックバック(0) 

ファイト! 171

コメント 5

hatumi30331

昔を懐かしみながら・・・・・
今を生きる。^^
我が家も、お母さんとパパです。(笑)
息子はいつ頃からか・・・・おとんって呼ぶようになってたけどね。
by hatumi30331 (2016-09-25 08:15) 

あるいる

トコちゃんはママさんとはまったくの別人で、ママさんはタカちゃんと呼ばれていたとしかと了解いたしました。
昨日は惚気旋風に煽られまくって想像空想妄想が予期せぬ方向へ行ってしまったようでした。
今日は惚気攻撃に油断することなく読み進んで行きたいと思います。
と言いながらもママからお母さんへ変えたのはママさんの指導。
美人三姉妹から人前で「ママ」と呼ばれると知らない人からはススキノのどこの高級クラブの美人ママさんだろうかとあらぬ誤解を受けるのを阻止するためなのか、それともこどもたちはいいとこ取りのハーフではなく純粋の日本人だとさりげなく強調するためなのかと、これまたあらぬ方向へと想像空想妄想でした。
ママさん、ごめんなさい。
ノロケ話しからさりげなくこども自慢へと変わった今日のブログ、タイトルにちょっと偽りあり、です。
「パパ」は「おとうさん」へ変えて行かれるのでしょうか。
と、野次馬根性&覗き見根性丸出しの日曜の午後でした。
まったく関係ありませんがおでんが食いたくなりました。
おかみさ~ん、大根と豆腐とスジください。
あ、生中ひとつも。

by あるいる (2016-09-25 12:47) 

向日葵

「お母さん」と「パパ」の組み合わせ、
意外に多いのかもー?

ワタクシの知り合いにも割と多いです。
by 向日葵 (2016-09-25 14:28) 

フヂ

私も、社会人になるまでは
「お母さん」と「パパ」でした。
我ながら、なぜだかわかりません(;´Д`A ```
by フヂ (2016-09-25 18:49) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

のろけたろか、と直球が飛び込んでくると、俺が聞く、いや私が聞くよ
だったらどうぞどうぞのダチョウギャグも通じません。しかし、あるいる
さんの解説はまんざら外れてはいないような気もしてきたのは不思議で
す。ならばパパも場合によってはちとマズイ気もしないではありません。
おでんの出番はどうやらもう一寸先になりそうな横浜方面です。
by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2016-09-25 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0