So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

朝市と自転車の旅   [旅]





市川市民として、昨日は朝市を楽しんだ。
防災公園で、近隣の農家の方が作った野菜を販売する。
妻と、買い物袋を提げ、楽しようと自転車で行った。



AA4I2962.JPG

近隣の農家だから、すべて千葉県産。
キュウリの安さには驚き、去年札幌で、いちども55円を切らなかったことを思い出す。
やっぱり野菜はね、新鮮で安いのが直送、千葉県産。




AA4I2966.JPG

ネギも安く、玉ねぎも安く、ほうれん草も安く。
何よりも獲れたての新鮮だから、いい。
その後、妻の誘いで高円寺じゃない高圓寺へ、藤の花を見に行った。

車道も歩道も細く怖かったが、それぞれの自転車の差も出てしまった。
坂道を押して上る妻、アシストを受けて走るオレ。
電動自転車、妻も買おうよと誘っても、NO、楽なのにな。

それに電動自転車って、老域に入ると楽だし、そこそこ筋肉は使うぞ。
過激じゃない運動として、いい。
せっかく雪のない国に来たんだから、また、買おうよって誘おうと思う。




ファイト!






ファイト!(53)  コメント(2) 

江戸側の江戸川の土手を疾走した   [旅]





昨日は楽しく過ごし、少しだけ日焼けした。
今後の人生と言って、やりたいことはあり、いくつか始めている。
そんな中で写真は、興味があって、趣味として磨きはかけたいと思っている。



AA4I2917.JPG

自宅から金町まで45分だった。
江戸川の土手を走ったが、千葉側より江戸側の方が走りやすかった。
市川橋から6号線、水元公園から市川橋まで、江戸側の江戸川の土手を疾走した。
気持ちよかったけど、アシストがあっても足は疲れた。




AA4I2926.JPG

水元公園でカワセミを撮っていたsunnyさんと、たくさん話をした。
2kさんと、sunnyさんによる講座は基本で、カメラの持ち方と構え方。
幾つか平気で間違った構え方をしていて指摘され、学んだ。
基本だから、大きな収穫だと思っている。




DSC02222.JPG

50mmでカワセミは無理なので、コンデジで撮った。
皆さんの執念はすごかったが、いつか私もと少し思った。
しかし、やりたいこととやるべきことを優先して、深みにはまろうと思う。
なんてったって職業、投資家を休業中の童話作家だから。

石破さんって、お年寄りに絶大な人気だと昨日知った。
お年寄り光線に襲撃され、なかなかマイクに近づけなかった。
実に面白い光景だと思った。
日本が平和だと確信した次第。




ファイト!






ファイト!(96)  コメント(8) 

江戸川を遡り 江戸へ行く   [旅]





動き始めている、ような気がしている。
来週には宝塚の様子を見に行くことにし、義母のお花見に運転手もする。
楽しんだり、様子を見たり、正体を消したり。



DSC02182.JPG

市川で自転車を買うならセオ・サイクル、義母のおすすめ、従う。
点検も簡単な修理も、空気入れも、どうぞご自由にと。
買った後のサービスも良いそうで、義母には必ず従う。




DSC02179.JPG

本日、初乗りの遠出である。 (怖いな)
「あの 僕 いたって元気です」と言われたので、そうか。 (参ったな)
理由がなければ動けないので、退院祝いとして、江戸川をさかのぼる。 (よし)

市川駅北口に来る石破茂の、午後4時までに帰ってくる。 (冷やかしに行く)

カメラを背負って、江戸川を遡行し、安全運転だ。 (ドキドキ)
そういうのって、かなり怖いけど、行けばなんとかなるだろう。 (うーん)
5枚くらいは、いい写真が取れれば、儲けもんよ。 (そーだ)




ファイト!







ファイト!(94)  コメント(13) 

宅配便   [仕事]





市川市民になりつつ思うこと。
歩道も狭いが、道路幅が狭くて交通量が多い。
一方通行で周辺がグルグル巻きになっている。

車に乗ろうとは思わないし、歩きで十分である。
買い出しも自転車で十分だと思う。
ただ、川の向こう、お江戸へは電動自転車がいいのかな。



DSC02150.JPG
北海道では見なかった秘密兵器。
手前にクロネコ、奥に佐川急便のトラックが止まっており、各自の兵器。
荷台をあけると、自転車を下ろし女子が、台車を下ろし男子が押していくのです。

裏道にしばらくトラックを停車させておいて、分割配達。
なぜか女子が自転車で、男子が台車で運んでいるのは、力かな。
自転車女子は小物が多かったし、台車男子は重そうなのを運んでいた。

北海道ではほとんど見ることのなかった光景。
道が狭いのは雪が多い時で、自転車も台車もアウト。
雪のない時は道もまあ広いし、そのつど停車できる違いかな。



大谷クンが2回降板すると一日元気をなくす。
ということは、私にとって彼は元気の宅配便であったわけだ。
わが息子に、ファイトを送ろう。





ファイト!






ファイト!(112)  コメント(7) 

市川市民化   [日常]





少しずつ順調にコトが運び始めているのだが、恐れることが一つ。
週間天気予報で、日曜の予想最高気温が29℃とか。
下手をすれば30℃とも言い、ビビり始めたのだ。

早めに図書館へ行き、おそらく冷房が入るだろうから、しのぐ。
市川市の共通図書館カードを作ったし、ネットで予約も入れたし。
堂々と閲覧室も、自習室(?)も利用できるので、勉強開始かな。

いちかわ市民アカデミー講座に申し込んだが、抽選で外れないように!
通年で、90分×10回の、和洋女子大学の講義を申し込んだ。
ワインエキスパート検定の勉強と、両立しちゃうぞ。





DSC02172.JPG

一昨日、亀戸に梅大福を買いに行った。
「山長 梅大福」とネット検索したら、2016年2月25日の私のページが出てきた。
次女と妻と3人で、発掘の旅をしていたのだった。

面白いことに、ゆうのすけさんによる、「船橋屋の秘密」が書き込まれていた。
手作りの味を堪能するなら、本店で買え、という秘密。
今回は妻のためのリピート、山長で梅大福種入りを購入だった。


DSC02170.JPG


個人的には亀戸天神の藤は、あと1週間待とうかなと思う。
ちょろちょろと垂れている程度では、寂しいじゃないかと思う。
と言いつつも、また行くのは、大福を買いにだろうな。





ファイト!







ファイト!(117)  コメント(12) 

まーだだよ   [旅]





「東京都 市川区」と言うと、妻は、バカねと笑う。
少女だった彼女と付き合い始めた時、私は新宿区下落合のアパートに住んでいた。
「ぐんたま ちばらき」と笑っていた時代を引きずるオレ。




AA4I2794.JPG



引っ越してきて、あれやこれやとネットでの個人情報を書き換えた。
郵便番号を入れるなり、バン! と、「千葉県」と表記される恐怖。
むかし笑ったからね、江戸川こそ、越すに越されぬ県境、ああ市川区民。




AA4I2797.JPG



市川は便利な街で、別に悩みはなく、オレはいつでも地球市民。
自分のスタイルが出せなくて、仕事も始まらない。
市川市の人口、48万5,767人の中に入る覚悟を決める。




AA4I2848.JPG



最近恥ずかしい日本人だが、大谷クンは話題を生んでくれている。
日本ハムにいた時より、今は毎日、放送されている凄さ。
そして彼の笑顔や話題を聞いているだけで、癒されるお父さん気分。




AA4I2854.JPG



市川から亀戸までJR 170円、山長さんへ梅大福を買いに行った。
ついでに亀戸天神に寄ると、藤の花はもう少しかな。
やっぱり電動自転車にするかな、オレ、根性ないし。






ファイト!






ファイト!(116)  コメント(10) 

若返らない会   [新聞から]





伊達なクラブ仙台 《西町 わかがえる会》
そんな集団があり、私は属せそうにないが、彼らは「老人の船」に乗る資格を得た。

どこかの有名な花見に行くのに。幹事さんが一駅もどって始発から乗り、「席をお譲りください。次の駅から、敬老者が16名乗車します」と置き紙をして、4人掛けボックス席4か所に置いたという。まあ、炎上するのは当たり前の無神経ぶりだが、思うことが一つ。

この親切な気配り幹事さん、一駅戻って始発から乗って座席を確保したんだけど、おそらく改札を出ずにやっているだろうから、キセルも平気でやってるんじゃないかな。スイカで乗ってたら全く感知せずだろうし。仙台だぜ、伊達なクラブだぜ。




AA4I2649.JPG

妻が札幌で使っていた自転車を借りて使っている。
そろそろ自分用を買うつもりだけど、まだ迷っている。
スポーツタイプか電動自転車か。


AA4I2648.JPG

電動自転車の、その重々しい感じがちょっと困りそうだし。
衰えつつある脚力を維持するためにも、スポーツタイプなのか。
ある意味、悩み続けながらも、今週は妻の自転車で金町まで行ってみるつもり。

そういう遠征ののち、どっちにするのか考えてみようと思う。
お達者なクラブ市川 一匹狼は若返らない会
動き始めるぞう。




ファイト!






ファイト!(108)  コメント(12) 

海まで11㌔の旅   [旅]





噂の、春の嵐が来る前に、少し動いてみるか。
江戸川の堤防に出て、始めの看板に「海まで11㌔」とある。
行ってみるか、海まで。
川を下る。



1海まで11㌔と看板にあり.JPG

看板を信じるなら、時速11キロで1時間ということになる。
ランナーたちをゆっくり追い越しながら、堤防を走る。
意外にペダルを踏み漕ぐと、腰に負担がかかるようである。




2カモメが向かってくる.JPG

或る空域を守ろうとしているのだろうか。
ジョナサンが執拗に向かってくる。
爆弾を落とされては困るので、ダッシュする。




3新旧一体で.JPG

新旧の一体感があって好きな眺め。
休んだわけではないけれど、ウォーキング女子に追い越される。
すぐに追い越すのも誤解を招くかと、休憩に入りぼんやりした。




4海に着いたかも.JPG

おそらく、海に着いたかも。
これは海じゃないだろ、と思いつつ、かすかに潮の香りがする。
波もなく、都会のこれが海なんだろうな。




5釣りする人はかく語りき.JPG

釣りする人はかく語りき
つれないのね
女性の釣り人を上から眺めるおっさん3人、まこと都会的。


ぼちぼち落ち着きが生まれてきたので、動き出そうかな。
動き出すエネルギーをもう少し発揮してみようかな。
来週は少し行動範囲を広げて、亀戸天神でも行くかな。




ファイト!








ファイト!(120)  コメント(8) 

小松菜ハイボール   [味]




次女から連絡があって、仕事帰りの合流。
二転三転し、西船橋の改札を出た所で待ち合わせ、7時25分。
私と妻が遅れること、3分。
こういう待ち合わせは初めてで、都会って感じがした。




DSC02122.JPG

以前、次女の引越しに使ったレンタカーを返しに来た西船橋。
妻と晩御飯として入った居酒屋が気に入っていた。
そこへ行こうと出向くのだった。
お出迎えは中国人の娘さん、たどたどしい日本語がかわいい。




DSC02126.JPG

今日、ライザップの撮影だったといきなり娘に言われて驚いた。
本格的に化粧をされて、ライトいっぱいのところで写したそうだ。
鏡の前で自撮りしたのを見せてもらったが、暗くてよくわからなかった。
ポスターにでもなればどうしようって、照れている親父。




DSC02129.JPG

これがうまくて、お替りしまくってしまった。
これはうまい、中国娘も勧めてくれた。
もう一杯、もう、いっぱい。


DSC02128.JPG

本当かウソかはわかりません。
西船橋名物! 小松菜ハイボール!
オレには、甘さのあるジュースって感じだったな。
健康的ぃ~って、お替りをしていた。


じゃあなって、西船橋の改札に入って別れた。
オレたちは、3番線かな。
次女は、10何番線かに乗るらしい。

こういう別れ方を重ねれば、きっと、子離れができるかもしれないね。
そんなことを座席に着いていうと、妻は、ただ笑っていた。
巣立ちがあったのに、子離れしなくちゃと思うパパ。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(8) 

6月の楽しみを奪わないでくれ   [新聞から]





昨日の午前中、里見公園に行った。
ローカルTVで桜祭りの模様を流していて、行こうと思っていた。
大きな公園を想定して行ったが、まあ、都会に近いとこうなのかな。

15世紀にこの地に太田道灌が仮陣を置いた、などと看板に書いてあった。
そうかぁ、その戦は勝ったとあるが、さて、サッカーW杯、勝てるのか。
ハリルホジッチ監督の突然の解任を、まだ頭の中で整理できていない。




AA4I2653.JPG


6月のW杯を前に、監督解任という協会の「勇断」が理解できないでいる。
解任の理由は聞いて驚く、コミュニケーション不足。
「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきた」で解任か。

しかも、選ばれた後任監督が、西野朗。
彼は、代表チームに帯同して、選手と監督の間に立っていた人物。
しかも、西野氏はW杯で指揮を執った経験がない。

西野氏は、U-20、U-23 の代表監督以外は、Jリーグの監督歴しかない。
こんな突然の解任で、協会の、理解できる説明はない。
ハリルホジッチ監督を更迭するなら、昨年12月で良かったはず。





AA4I2654.JPG


西野氏を「マイアミの軌跡」と称賛するが、あれはブラジルの自損事故。
しかも嵐のような、怒涛のシュートの山をさばいたGK川口のおかげで勝った。
ベタ引きで守って、まぐれで点を取るサッカーなんてつまらない。

その後の試合、西野監督は引いて守れと指示を出すだけだった。
ピッチ上で「勝てる」と判断した中田英寿らが攻勢をかけると、・・・??
あとの試合に中田の姿はなく、まぐれでブラジルに勝っただけの五輪予選リーグ終了。





AA4I2660.JPG


感情で采配を振るう「温情派」の監督として、西野氏に好感を持たない。
サッカーの魅力はそのスピードと意外性にあると、私は知っている。
リスクテイクして冒険する醍醐味があるのだが、守りだけ重視の大昔に戻るのか。


サッカー協会は、英断なら韓国戦に大敗した12月に下すべきだった。
おそれるのは、「日本人監督で勝つ」との血迷った発想。
日本代表が勝つことだけを期待していて、今回のドタバタが鬱陶しいのだよ。


今まで代表監督を応援したことは一度もない。
サッカー日本代表を応援したいだけなんだ。
頑張れ、大谷クン!





ファイト!






ファイト!(122)  コメント(8) 
前の10件 | -