So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

体罰 か   [新聞から]





                  さて、今年もあと3週間となりました。
                  それって本当ですか?



DSC09068.JPG

        昨日の札幌、最高気温は、2℃。
        今日の予想最高気温は、0℃である。
        昨日を暑く感じたのは、オレも冬モードになったからだろうか。



DSC09069.JPG

        イジメは、人間のDNAに組み込まれているものだと思う。
        体罰は、遺伝していくものだと思う。
        叩かれて叩かれて、殴られて育てられた者の実感である。

        物に当たり感情をコントロール出来ないあいつと、自分が同じだという落胆。
        暴力と爆発でしか物事を解決できない人間を、マトモに変えることはできる。
        今の妻が私を、少しはマトモに変えたように。



DSC09070.JPG

■ 女子バレー部で体罰、顧問教諭を停職2カ月 前任校でも                                 (朝日新聞デジタル 12/9(金) 20:41配信 )
 大阪市教育委員会は9日、顧問を務める女子バレーボール部の部員4人に対して、蹴ったり髪を引っ張ったりする体罰を加えたとして、同市阿倍野区内の市立中学校の男性教諭(32)を停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は11月24日付。教諭は前任校でも、体罰を繰り返したとして、過去に停職10日間の懲戒処分を受けていた。
教諭は「大変な苦痛を与えてしまい、深く反省している」などと話しているという。
市教委は「一度でもあってはいけない体罰が繰り返されたことは大変申し訳ない。しっかり指導、研修をしていきたい」と話している。


        阿倍野区と聞くと阿倍野警察署少年課を思い出すのは、なぜだろう。
        まーいいや、変わらないんだよ性格は。
        だから、意識的に、必死に、悪しき性格は抑え込むしかないんだよ。

        物わかりの良い大人すら、マトモに 「指導、研修」 できない学校システム。
        だから、学校が何かを出来るなんて信じちゃイケナイ。
        人が人を生み、作り、育てるしかないんだよ。

        大阪市立桜宮高校のバスケ部生徒が自殺して、「猛省」したんじゃなかったか。
        人材育成ができない教育委員会の支配下にある、学校。
        もちろん、また、起きるのだ。

        やっぱり元教師、あれこれ思うのだ。
        もう教師じゃないのにね。
        それどころじゃない、今日は朝から吹雪、吹雪く。




ファイト!






氷の世界に   [仕事]





        守秘義務
        自身の活動萎縮を阻止するために働き始めた。
        就業に際して契約を交わしたので職務内容を語れなくなってしまった。
        残念だけど、異業種参入 物流がらみである。



DSC09065.JPG

        高校教師時代に縛られていた地方公務員法の第34条に言う。
        「職員は職務上知り得た秘密を漏らしてはならない」と。
        昔はユルユルだったけれど、今は教師受難の時代、揚げ足取りばかり。

        最近の細かなうるささは、神経を逆なでされるようである。
        親からの電話で、生徒は高熱で休むと連絡がある。
        どれほどの熱かと聞き返すと、親は激怒するらしい。
        個人情報を聞き出す必要があるのか、と。


DSC09066.JPG

        我々の世代がおかしな時代を作ったのかも知れないが。
        とにかく文句を言いたい放題の、クレーマー時代に入ったのだろうか。
        触らぬ神に祟りなし。 法令遵守の影に隠れて、歯車のように仕事をする。 ふり。


DSC09064.JPG

        札幌も冬に入り、氷の世界。
        裏道の、氷の道は、さすがに車に乗るのが怖くなる。
        そんな中、配達してくれる新聞屋さん郵便屋さん宅配便屋さん、ご苦労様。
        怖くて私には出来ない、曲乗りのような氷の世界。



        働く悦びより、体がキツイかな。
        みくりさん、早く火曜日になると良いね。
        師走だよ、もう。




ファイト!






濃い3日間   [@Home]





        実に孝行な娘たちであるな。
        三人で割る負担に比べると、一人っ子ならキツイよね。
        負担の重圧を考えると、年金制度は破綻すると考えるのが妥当だな。

        子どもたちからプレゼントされたリゾート1泊2日。
        スイートルームの広さに喜びながら、しばし妻と語った。
        学生2人に社会人で支えるその思いを考える親だった。



DSC08956.JPG

        カードには、冷蔵庫にウェルカムスイーツがあると書かれていた。
        こんなに食べられないよと言いながらも、結局は、到着時完食。
        スポンジもしっとり上品、クリームも控えめな甘さ、とても美味しかった。



DSC09034.JPG

        漢方のチカラで、夜中にトイレで起きることはなくなった。
        しかし、久々に泳ぎすぎて、おじさんは夜中と未明に2度足をつる。
        日々老いていたことを忘れていた、昔のようには行かない。



DSC08962.JPG

        次女の企画だから、ホテルに全てが細かく指示されていた。
        夕食も、私が十勝和牛、妻が海鮮の鉄板焼きだった。
        シシャモも鵡川産の本物で、雄と雌の1対、これは写させて貰った。



DSC08976.JPG

        おじさんはワインで酔っちゃった。
        夕張メロンシャーベットも、半分しか食べられなかった。
        そう言えばオレたち結婚したんだったねと、情熱大陸の夜。



        女の子と出会って心がときめき、揺れが生じ、それを恋と呼ぶのだろう。
        心の中の波をたくさん経験してきたけれど。
        妻と出会った時は稲妻に撃たれ電撃が走り、津波を感じたものだった。

        そんな運命的な出会い、猛烈な争奪戦、強奪。
        マンガみたいな、それでいて幸せな人生を娘たちも経験するだろうか。
        いつも願うことは家族の健康と幸せ。



        12月6日、我が家の結婚記念日
        12月7日、拙宅の三女の誕生日
        12月8日、トラ・トラ・トラと、我が家の暦は濃い3日間である。



ファイト!






よく泳ぎよく浸かりよく飲み食べた   [温泉]





       理不尽で鍛えられた
       日常の中で「怒る」「喜ぶ」感情を出すからこそ人は理解を示すことになる。
                                             平尾誠二)




DSC08949.JPG

        昨日の札幌、最高気温は3℃。
        今日の予想最高気温はマイナス2℃である。
        昨日の結婚記念日、娘たちに贈られたリゾートで過ごした。


DSC08952.JPG

        昨日は吹雪だったが、よく泳ぎ、よく食べ、温泉に何度も入り、たくさん飲んだ。
        けっきょく、妻と居れば、うふふの幸せなのだった。
        こうして老いていくのも悪くはない。



DSC08951.JPG

        スイマーの両親は、スイマーだった。
        ぷかぷか、ぷかぷか。
        きりりと、さて、師走に参戦するか。



ファイト!









Sweet December   [ことば]





                ファンファーレ、旗の波、延々と続く行進。
                一人の馬鹿は、一人の馬鹿である。
                二人の馬鹿は、二人の馬鹿である。
                一万人の馬鹿は「歴史的な力」である。
                           (レオ・ロンガネージ/伊 ジャーナリスト)
                   塩野七生『サイレント・マイノリティ』(新潮社,1993) p163




DSC08950.JPG

                昨日の札幌、最高気温は8℃。
                今日の予想最高気温は3℃である。
                気がつけばオレたちの結婚記念日、今日も喰うぞ、飲むぞ。



                すべての革命は、街頭からはじまり、食卓に終る。
                           (レオ・ロンガネージ/伊 ジャーナリスト)
                   塩野七生『サイレント・マイノリティ』(新潮社,1993) p164



DSC08954.JPG

        昨日妻を送った帰りの車で聴いていたFM放送で、驚きの話があった。
        パーソナリティーが語り続けるが、きっと原稿を読んでいるのだろう。
        「ジンショウ事件」と3回も言い、何のことか分からなかった。

        やがて「忠臣蔵」の話だと分かり、彼女の原稿の誤読だと理解出来た。
        「刃傷(ニンジョウ)」を彼女は、「ジンショウ」と読んでしまっていたのだ。
        馬鹿が一万人集まれば、漢字の読みも変わるのかも知れない。




DSC08948.JPG
スイートポテトふたたび

        前回は薩摩芋を使ったが、今回は貴重な安納芋を使って作った。
        時間を掛けてすりつぶし、作り方も少し変えた。
        もちろん堪能したが、妻も大絶賛だった。 うしし。




          アメリカ製の缶詰の肉は、喜んでいただく。
          しかし、それについてくる彼らのイデオロギーは、皿に残すことにした。
                           (レオ・ロンガネージ/伊 ジャーナリスト)
                   塩野七生『サイレント・マイノリティ』(新潮社,1993) p167



ファイト!





サイレントマジョリティー   [新聞から]





                どこかの国の大統領が言っていた(曲解して)
                声を上げない者たちは賛成していると・・・
                           (サイレントマジョリティー/作詞:秋元康)




DSC08931.JPG

                昨日の札幌、最高気温は12℃。
                今日の予想最高気温は9℃である。
                確実に、自転車で出かけることができる。





DSC08932.JPG


        30年以上も前、初めての学校で、或る日の職員会議のあとに。
        おかしな結末に不平を言っていたら、センパイに厳しく言われたことがある。
        手を上げて意見を言わなければ、賛成したことになると。

        厳しい物言いにも負けず、その後、手を上げて意見を言うようにした。
        どの学校でも、孤軍、必ず手を上げて、意見を言い続けた。
        気づいたら周囲は、代弁させて、黙っている人ばかりになっていた。





DSC08939.JPG


■ 審議わずか6時間 カジノ法案を可決
                  (2016年12月2日 夕刊/東京新聞)
 カジノを含む「統合型リゾート施設(IR)」整備推進法案(カジノ解禁法案)は2日午後の衆院内閣委員会で採決され、自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。 (後略)

        大阪の松井知事は大いに推進を謳っていた。
        依存症より治安悪化が問題じゃないのかな、大阪府警。
        ビジネス(ファースト)クラスの話だし、ボクには関係なし。



ファイト!






頻尿休眠   [日常]





                  水の上のあぶく
                  欲望も人生も夢のごとく過ぎゆく




DSC08914.JPG

        昨日の札幌、最高気温は8℃。
        今日の予想最高気温は11℃である。
        もしかしてポタリング、自転車で散歩に出られそうである。




DSC08917.JPG

        おっさんは夜中に2度起きる。
        これは困ったことだと思っていて、小林製薬のユリナールを試している。
        漢方まかせで、これでもダメなら泌尿器科へ相談と決めている。

        昨日のサッカー、鹿島が勝って喜んでいる。
        住金時代から応援していたので嬉しいし、勿論、ビールを飲んで観戦だった。
        と、いつもどおり10時前に寝て、6時まで熟睡した。

        ん? もしかして漢方の効果か、久々に、途中で起きることがなかった。
        今日も明日もそうなれば、いいのになぁ~、と思うのである。
        師走の夜 妻を眠らせ 忍び起き トイレに起きる その苦も終わる




ファイト!





親しみを込めて「キン」だと   [新聞から]





人生における母親の影響は 計算することもできない  ( J ・E ・ ファウスト)




DSC08906.JPG

        昨日の札幌、最高気温は1℃。
        今日は 7℃、明日は 11℃の予想最高気温である。
        何かがおかしい気がする、二人セゾン。




DSC08899.JPG
(次女に香港ディズニー土産のシールを貰った 「ゆるキャラ」モードの中国か)

        娘たちからのプレゼントは、ノンビリ豪華にホテル宿泊券だった。
        それを送る封筒に、次女がついでに入れてくれたシール。
        可愛いキャラだが使わずに、孫のために取っておくことにした。



DSC08901.JPG
(このシールの「ゆるさ」は日本人の関与かパクリか)


■ 新潟市教委 「不用意で不適切」 謝罪 原発避難男児に「菌」                                            (2016年12月2日21時15分/朝日)
 新潟市の小学4年の男子児童が、担任の40代男性教諭から名前に「菌」をつけて呼ばれ学校を休んでいる問題で、同市教育委員会は2日記者会見し、担任の発言と、この児童が別の児童からいじめを受けていたことを認めて謝罪した。 


        昨夜の9時のニュース、トップを聞いて驚いてしまった。
        自分もきっと生徒を傷付けてきたのだと思うが、この手の直球は投げなかった。
        と、思う。

        自分が抱えている脳味噌は1個で、40個の脳味噌と日々、対峙している。
        つい、思い上がりか、配慮に欠けて自分本位になっているのだろう。
        緊張を維持出来なくなったらきっと、教師じゃ無くなるんだろうなと思う。

        私も失言地帯を歩き、不規則発言も多かったが、これはアカンやろ。
        おそらく受け狙いなんだろうが、完全にコードに引っかかっている。
        言い訳はできないのだから、してはイケナイ、のに・・・アホや。




DSC08910.JPG

        教師というアホを見るあほらしさ、口直しに。
        スイートポテトを作った。
        妻が「おいしぃ~」と、やや鼻孔を膨らませたのを見逃さなかった。

甘い夜 いとしのキミと スイートポテト 言わざる見ざる あいを聞かざる


        世の多少の不愉快は、欅坂46の動画でも見て紛らわすオッサン、寂し。
        せっかくだから、二人セゾンを見ようかな。
        踊ると腕がちぎれそうなので、口ずさむのみ。

        


ファイト!





愛子様の激ヤセ   [新聞から]





母の心は深く その底には 常に許しがある (バルザック)




DSC08886.JPG

        昨日の札幌は最高気温が10℃まで上がった。
        雨も降ったが買い物は自転車で行った。
        自転車から降りると、マフラーをした首回りが汗ばんでいて、暑いと思った。




c1ad1d43.png

        昨日のニュースで驚いたのは、愛子様だった。
        ななな、なんと、激ヤセじゃないでしょうか。
        不登校傾向の噂は聞いていたけれど、この痩せっぷりは尋常ではない。

        義姉が摂食障害で、若くして亡くなった時も驚いたが。
        この何とも言えない痩せ方には驚き、自由がないんだなと同情した。
        愛ちゃんが婚約し、愛子さんにも幸せをと願う平民である。




DSC08897.JPG

        天気予報は雨だったが、うっすらとミストのような軽さだった。
        狐の嫁入り状態が続き、晴れに雨、再三の虹登場だった。
        連日の気温激変には驚くが、雪かきが少ないのが宜しい。

        日々、老いを感じている。
        どうしたもんじゃろのー、気がつけば師走である。
        ぼんやりしていても、光陰矢のごとし、読書とビデオに溺れる。




ファイト!







日教組委員長が辞任へ   [新聞から]





道徳世界の弧は長いが 正義に向かって伸びている





DSC08874.JPG

        昨日の札幌は氷点下でも晴れていたので過ごしやすかった。
        今日の天気予報は雨、雪は溶けてびしゃびしゃになり、歩けなくなる。
        予想最高気温が10℃、きっと暑く感じるだろう。

        気がつけば12月だというのに、どうしたものか。
        気持ちばかり急いて、何もしないでボンヤリしてる自分。
        晩ご飯は何にするか、それ以外の重要課題がない焦り。





DSC08875.JPG

■ 日教組委員長が辞任へ…週刊誌報道、説明行わず
                        (2016年11月30日 15時00分/読売新聞)
 10月13日発売の週刊新潮などで、女性問題組合費の私的流用疑惑を報じられた日本教職員組合の岡本泰良委員長(56)が、辞任の意向を固めたことがわかった。◆岡本委員長は記事が出た後も、報道内容について対外的な説明を一切行わず、組合の職務も体調不良を理由に休んでいた。そのため、地方の組合から不満の声が上がるなど、進退問題が浮上していた。


        日教組なら、そもそもは「先生」なんだけどね。
        子どもたちに、嘘をつくなとか、強く言い続ける人だったのだが。
        潔く、ごめんね、やっちゃった、と言う正直さが、なかなか持てないのかな。

        不倫にしろ不正にしろ、潔く、ゴメン。
        昔、禁煙パイポのCMで、おっちゃんが小指を立てて、面白いことを言っていた。
        「これでダメになりました」って、あの正直さは受けたんだけどな。

        みーんな、認めないで、逃げ切り態勢。
        逃げ切ったら勝ち、そういう姿勢を大人は、子どもたちに見せていくんだ。
        どうりで焼き芋が、胸につかえるぜ。




ファイト!





前の10件 | -