So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

妻とお散歩   [日常]





昨日は妻と札幌駅周辺をお散歩

幾つもの用事を済ませようと

大いに欲張って歩いた




DSC07880.JPG

ヨドバシカメラに車を入れて、駐車スタンプを押してもらう。
お買い物はコレと決めていたので、これ。
買ったから何だと思うんだけど、すぐに装着。


DSC07877.JPG

店内撮影オーケーだったから、写した。
大きな変化は感じないが、こんなもんかな。
でもね、炊飯器って、めっちゃんこ高いやんけ。


DSC07866.JPG

妻と遅めのランチを食す。
とっくに峠は過ぎているけれど待たされる。
ひとえに、店員の低い対応能力によるものだろう。

あいてるからカウンターに座った。
暇だから 目の前を写して遊んだ。
今日のお買い物 来週から楽しんで使うかな。

今週はもう 疲れたので ノーンビリしようねって。
妻とそう言って さしむかい。
疲れさせて ゴメンね。




ファイト!






ファイト!(75)  コメント(4) 

むかしはゆるかった   [仕事]





喪失と所有 そして死と生は一体
輝く太陽がなければ影も落ちない
       (ヒレア・ベロック)




今年の漢字に「北」が選ばれたと聞く。
むかし北高に勤務していたが、職場の仲が悪かった。
北という字は人と人が背中会わせ、背くという意味だ。
そんなことを誰かが言ってて、納得した職場であった。



DSC01309.JPG

帰る時間を早くにするというのは、賢者のワザ。
北海道では、酔っ払って道で寝る人は居ない。
凍死をするか、もしくは寒くて風邪をひくから。






1994年9月21日(水) TDL/スプラッシュマウンテン

1994年9月21日(水).jpg

ハードディスク内の整理と処分中の、事故写真。
恥ずかしくなってしまう証拠写真だ。
修学旅行の仲良し引率だぜ、叫ばずに我慢しろよ。

あーあ 土曜でもないのにアロハで正装する奴が居る。
それでよく 学年主任やっとったな。
45人×7クラスの生徒を引率する校長も、スプラッシュ!

オリエンタルランドが印字した時間は、19時20分。
勤務時間外だから、多少大騒ぎをしても許す。
ゆるい時代、今のセンセイが少し可哀想だ。




ファイト!





ファイト!(107)  コメント(10) 

轍/わだち   [日常]





善をおこない 罪を犯さぬ正しい人は   
この世に居ない   (伝導の書 7章20節)




きついの雪かき.JPG

雪かきは基本的に、キツイ作業に思い始めた。
腰が痛いという感覚が、持続しているから。
出来るだけ姿勢を良く、腹筋運動は忘れがち。

だって、気分的に忙しいんだもの。
あくせく、悪、急く。


歩きながら憎い.JPG

歩きながら憎いのは、歩道の除雪がほとんどないこと。
車道はどうしても、轍が出来ている。
わだち(轍)という過去の言葉は、北海道では現役の言葉だ。




2002年8月14日(水) 函館/ハーバービューホテルでランチ

2002年8月14日(水).JPG

連日、ハードディスクの整理をしているのだけど、変なの。
変な写真を掘り起こしてしまったぜ。
言い訳はしないけど、調子こいてるわけじゃないよね、きっと。

まだ40代半ばの頃だけど、土曜じゃないのに正装してるなぁ。
土曜は「アロハ出勤デー」だったように思うけど、違ったかな。
函館に遊びに行った時だと思うが、公務出張だったか。



さて今日は書類を完成して、次のステップに入りたいな。
ガンバんべぇ。




ファイト!






ファイト!(114)  コメント(10) 

不安がある日常   [日常]





元々、自意識過剰なところがあるのだと思う。
気にしすぎて、物忘れが激しくなったと落ち込む。
もしかすると痴呆が進んでいるんじゃないかと、自分を不安にする。


思い出せないのは、日常的によくあることだ。
ジョニー・デップも、ほれほれ、あいつで済ます。
物忘れなのか、痴呆なのか。


ハードディスクの整理をし、そして困ったことがある。
確かに写真を撮っているのだけど、誰だか分からない。
データで日時が分かり、背景で場所も分かる。

2012年10月14日(日)9時45分.JPG

■ 2012年10月14日(日)9時45分/金閣寺
知らない人が3人写っている。
2人はカメラ目線で、1人はあっち向いている。
興味あるのはキミだけなんだけど、誰?

修学旅行の自主研修で来る生徒を、陣取って写していた。
寺務所で「撮影許可証」をもらい、首からぶら下げていたオレ。
それを見て声をかけられたのか、不明、カメラ目線が気になる。




夜の遊び.JPG

夜の遊びは、ほどほどにしないとイケナイ。
最低気温がマイナス2℃まで上がると、雪は溶けてしまう。
そして寒波が来ると、それらが凍り、道はスケートリンクと化す。

横断歩道は気をつけよう。
スタッドレスタイヤが、路面の氷を磨き、ツルツルにする。
鶴と亀だけではなく、滑る。

酔っ払う前に帰らないと、怖い。
もっと怖いのは、誰だか分からない人が写った写真。
しかも、オレが写してるのに。




ファイト!






ファイト!(119)  コメント(10) 

二刀流   [卒業生]




さて、12月も真ん中の週に入った。
もちろん、整理整頓、人生の方も。
専守防衛、戸締まり用心、火の用心。


DSC06377.JPG

ナナカマドの木だから ナナカマドの実


ブルネイ帰りの教え子が、日曜に遊びに来た。
保健師をしながら大学院で研究中の二刀流。

11時の列車で来るので、迎えに行くのだが。
準備していたパエリアの火を予定より数分早く落とした。


DSC01420.JPG

パエリアを写そうとカメラを持ってきたら。
オマエもう、がっついてんのか、と写す、仕方がない。
もう少しだけ、火を落としたくなかったな。

スモークチキンが好評だった。
パエリアも好評だった。
初挑戦の名古屋おでん(八丁味噌と砂糖で煮込む)が大好評。

泡1本、白ワイン4本、赤1本。
最後は酔って、名古屋おでんを写せなかったので再挑戦。
「夢の途中で」を語った6時間授業終了。

分かったこと。
オレって生徒にかなり影響を与えていたんだと思う。
娘と同じように、向上心と海外への視点を持つ。

影響を受けたか、そうか。
でも、オレは知らんからね。
諸君の夢を、見届けている時間は与えられていない。




ファイト!






ファイト!(139)  コメント(10) 

優先順位を決めて行動する   [考え方]




函館での「北朝鮮乗組員」の逮捕劇を見ても、現場が可哀想と思う。
大量にやって来る狼藉者たちに、どう対処すべきか。
安全保障の面から、モリ・カケ辞めて、早急に話を付けて欲しい。

「市民になりすます」のが、個人テロの基本であるのだし。
漁民ならその人権を侵害してはならないし。
ミサイルより先に、沿岸部に、不審船と乗組員が着岸した現実。

優先順位ってものがあると思うけどね。





ニッポンのお父さんはエライ 

1休日もお父さんは働く.JPG

休日もお父さんは働く

休日もお父さんは働くんだ。

一生懸命に働くんだ。

頑張るんだ。



2息子のために働く.JPG

息子のために働く

息子のために働くのが現代のお父さん。

昔のお父さんは、男は黙って背中を見せた。

ワケ分かんないまま、子どもは回り道をした。



3一生懸命に働く.JPG

一生懸命に働く

一生懸命に、見える場所で働く。

子どもには、分かる言葉で語りかける。

一緒に作業を楽しむ、今どきのお父さん、ステキ。



4息子と一緒に遊ぶために.JPG

息子と一緒に遊ぶために

どうして働くのかという問いに。

背中しか見せなかった親は、家族を養うためと言った。

犠牲的精神だけが売りの時代だった。


パパはどうして働くの?

だって、キミと遊ぶのが楽しいからだよ。

うん、一緒に遊ぼうね。


父とは、本当は、そんな始まりが欲しかった。

一緒に遊ぶ、大事なことで、省略はいけない。

人生、自分が楽しむ、一緒に楽しむ。


お母さんと一緒、お父さんも一緒。

省略しないで言うと、

お母さんと一緒に遊ぶ、お父さんも一緒に遊ぶ。


休日に働くお父さんを見て、清々しい気分になった。




ファイト!






ファイト!(121)  コメント(7) 

ムクドリ   [趣味]




昨日の昼、12時のニュースには、少し笑みが出た。
まず全国放送のトップが、北朝鮮の木造船乗組員が、道警に逮捕されたこと。
次いで、大谷選手のエンジェルス入りというニュースだった。

全国ニュースが終わると、北海道のニュースだが、全国と同じだった。
函館中央署が映り、北朝鮮の乗組員を窃盗容疑で逮捕した話。
次いで、大谷選手のニュースに移り、札幌でのインタビュー映像。

何だか、北海道が世界の中心みたいに思えて、笑みがこぼれた。
それはさておき、北朝鮮の特攻に似た侵入、注意したいぜ、沿岸部。
議員さんたちよ、こういう喫緊の課題をまず議論しろよ。

北海道の漁師さんたちが、過去にどれだけ銃で撃たれたか。
それに比べ、専守防衛と言い、同盟国頼みのニッポン、発砲はしない。
沿岸部の脆弱さが露呈しているのだが、手は打たんのかね。



1 もしかして あなた
1もしかして.JPG



2 ムツゴロウさんですか
02ムツゴロウさんですか.JPG



3 あなた椋鳥さん?
3椋鳥さん?.JPG



4 かねてより噂は あそう
04かねてより噂は.JPG


札幌に来て、カラスとスズメ以外は、ご近所で、鳥を見ることはなかった。
それが、一昨日、た~くさんの「鳥」が電線と木に止まっていた。
鳥の名は知らず、君の名は。

警戒心の強い鳥だった。
なかなか写させてはくれなかった。
地面と同化して我慢して静かにして、写したが、下手くそ、克服したい。

どなた様かが、それはムクドリでござると教えてくれた。
ムクドリと書いて変換したら、椋鳥と出た。
椋鳥は大辞林によると、「田舎から都へ来た者をあざけっていう語」でもあるらしい。
  (「 -も毎年来ると江戸雀/柳多留 73」)





ファイト!






ファイト!(117)  コメント(5) 

『羊と鋼の森』   [読書 本]




或る日、賢者曰く
近頃、新世界界隈と周辺での犯罪が増えて来ているそうです。
夜はとくに油断大敵、十分に気をつけてください。


母の百箇日で大阪遠征、2泊3日の旅をした。
新世界に泊まり、カメラ持ってブラブラ散歩、晩ご飯は串カツ。
そして賢者の言葉を思い出し、深追いの深酒はせず、ホテルに戻る。

途中で、壁際店舗の古書店を見つけ、1冊買った。
ビールと焼酎だけだったから、酔っ払いにはならないだろう。
酒気帯び読書なら、お巡りさんも見過ごすさ。




『羊と鋼の森』 宮下奈都/文藝春秋 (2015年9月15日 第一刷発行)
山﨑賢人.jpg


まあまあ面白かった。基本的に、少年が青年へと成長していく小説は好きだ。地味な仕事でも、意味を見つけながら生きていく。いいなあ。300円の古本だったが、鬱陶しいテレビよりはずっと優雅な時間だった。妻にも勧めるために、捨てずに持ち帰った。


登場人物の双子姉妹の名前が、和音と由仁。何らかの意図があって名付けたとしても、ピアノを弾く少女が和音だと、「わおん」も出てくるので、紛らわしいったらありゃしない。思わせぶりな名ではなく、もう少し混乱を避ける名前にして欲しかった。


p195
「いくら弾いても、ぜんぜん疲れないんですって」
 佐倉さんはそう言って目を細めた。
「そんなに練習できるというのは、それだけで才能ですね」
 柳さんが相槌を打っていた。
 ほんとうにそうだと思う。和音が何かを我慢してピアノを弾くのではなく、努力をしているとも思わずに努力をしていることに意味があると思った。努力していると思ってする努力は、元を取ろうとするから小さく収まってしまう。自分の頭で考えられる範囲内で回収しようとするから、努力は努力のままなのだ。それを努力と思わずにできるから、想像を超えて可能性が広がっていくんだと思う。


p224
「才能がなくったって生きていけるんだよ。だけど、どこかで信じてるんだ。一万時間を越えても見えなかった何かが、二万時間をかければ見えるかもしれない。早くに見えることよりも、高く大きく見えることのほうが大事なんじゃないか」




あんたたち雀じゃないだろ 誰なんだ

DSC07572.JPG

昨日は午後から雪が猛烈に降り始めた。
午前中は太陽の日差しが強かったのだけど、雪が道を埋めていく。
買い物には、埋まるので、だから長靴で出かけることになる。

幼稚園の近くに鳥が密集していて驚いた。
家に戻ってからカメラ持参で近づくと、逃げる飛び散る。
雀とは違った集団行動で、人間(おっさん)を恐れているようだ。

木も電線も埋めつくしていた鳥たちは、居なくなってしまった。
鳥の数羽が行ったり来たりして、偵察し、伝令か? 斥候か? オマエ。
木の下で見上げるオレは、ひとり置き去りにされてしまった。




ファイト!






ファイト!(115)  コメント(5) 

エピソード 三   [@miina1207]





昨日、三女は23歳になりました。
驚きであり、感慨深いものがある。
だって、まったく運動神経がなさそうな子だったから。



指させば.JPG



古いビデオの中でも笑わせてくれる。
4、5歳の子どもなら、誰でも渡れるジャングルジムが渡れない。
最後の最後に四つん這い状態で、動きが固まり「ママ助けて」と言う。
ビデオを撮りながら、「右足を前に出しなさい」と妻が言う。
すると、「ママ、足動かして」と言うのだが、考えが末端に行き届かない。




時見れば.JPG



小学6年生の頃、市内のスイミングスクールで表彰された。
「がんばったで賞」みたいなもので、前に出て行って賞状を受け取る。
私がビデオ撮影していたのだが、三女は賞状を受け取り、回れ右
が出来ずに、足がもつれてよろけて、笑いを取る。




牡蠣食えば.JPG



今年の8月、大学院の三女ちゃん。
水泳のインターハイか全中の、データ収集に行き、無事、完璧に仕事を終えた。
コンビニに入って買い物を、と思ったら、店内で転倒。
床に何かがあるのではなく、自分の足がもつれて、顔から転倒した。
顔面を強打し、歯が2本欠け、顔中が血まみれ、・・・普通は手をつくが。




雪降れば.JPG



スカイプで、顔に傷が残ったやないかと、お父さんは心配をする。
「別に顔で勝負するわけじゃないから」と、淡々と答える三女。
たしかに頭脳的プライドは高そうだが、でも、女の子やぞ。
去年の夏は、交通事故で空中を飛び、夏が鬼門なのかも知れない。


三女は、私にとっては孫みたいなもので、気がかりで、心配で。
それでも彼女は、まだまだ、飄々と、我が道を行くのだろう。
お父さんも、しっかりしなきゃと、三女を見るたびに思うのでした。




ファイト!






ファイト!(128)  コメント(10) 

Smiles   [@Home]




むかし、世界で一番長い英単語はと、基礎英語でやっていた。
番組での答えは「smiles」で、始めの「s」から最後の「s」まで1マイル。
でも、「antidisestablishmentarianismist」(反・国教制度廃止論主義者)、
メリーポピンズの「supercalifragilisticexpialidocious」というのもある。



Smile
子どもは1日400回笑う
大人になると15回に減る
幸せだから笑うのではなく笑うから幸せになれる
あなたが笑うと 世界が変わる。   (グリコCM)


集合.JPG


次女に教えられることは多い。
次女は、多く、妻からの影響を受けている。
良い子に育つ三姉妹は、おおむね、妻の遺産である。



始まり.JPG


どんなに工夫を凝らすよりも、三姉妹の存在が宝だ。
おそらく、ドイツ、千葉、筑波と各所で輝きを放っているのだろう。
そういう子どもたちの話だけで、十分に満足する親バカ夫妻。



ラスト.JPG


感謝の気持ちをことさら強調することはない。
いつだって、感謝の気持ちがあり、有り難い余生を生きている。
いただきます、ありがとう、ごちそうさま。



解散.JPG


駐車場でのオバハンにも腹が立ったけど、我慢できたオレ、進化中。
こうやって、体型宜しく、オレは丸くなっていく。


今日は三女の誕生日
候補.jpg
三女へのプレゼント候補、スマホのカバーケース。
あれこれ候補を組み合わせて、こんな感じだろうと思う。
喜んでくれると良いな。
届くのはさらに1週間だけど。



『団栗戦争』の教訓
年をとると怒りっぽくなる。
ただでさえ怒りっぽいのに、もっと怒りっぽくなる。
出来ない自分に怒り、出来ない人に怒り。
怒り続けているから、自分が幸せなことを見落としてしまう。



ファイト!






ファイト!(120)  コメント(17) 
前の10件 | -